最新情報・ブログ
2016.08.16 Tuesday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.83

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.83」



石神の丘美術館では『斎藤純と旅する ぶらり北緯40°』展を開催中です(911日まで)。

 

岩手町は「北緯40度の町」です。

本展は、北緯40度線上の地域はすべて「仲間」であると考え、東は岩手県普代村から西は秋田県男鹿市までの12市町村を紹介しています。

 

とはいえ、限られたスペースで12市町村のすべてを紹介することは不可能ですし、網羅的な展示にはそもそも興味がありませんでした。

実際に私が愛車・白馬号(ホンダCB1100EX)で北緯40度を旅し、その紀行文をもとに展示を工夫しています。

したがって、観光案内でもタウンガイドでもなく、「北緯40度の地域を一人のオートバイ乗りがどのように眺めたのか」という内容になったと思っています。

 

旅を終えたとき、芸術・文化の面において「岩手町は北緯40度の市町村の牽引役だ」と確信めいたものを感じました。

そういう意味で、本展は石神の丘美術館の今後の活動の助走にすぎないと言っておきましょう。

 

ところで、改めて緯度(と経度)について調べてみました。

緯度は赤道を基準に定められたので、自然の法則が人間の叡知によって実用化されたと言っていいでしょう。

正しい位置を知るには緯度だけでなく、経度も必要です。

経度は人間の叡知を地球に当てはめたものです。

そのため、経度は人間の都合でしばしば基準となる場所が変わったという歴史があります。

今は衛星を利用したGPSによって容易に自分の居場所を知ることができますが、それまでは天体観測(昼は太陽の位置、夜は星の位置)と計算によって計測していました。

計算には、どのような条件下でも正確に時を刻む時計が必要でしたから、その研究と開発も「経度の歴史」には綿密な関係がありました。

これらは博物館の領域ですので、今回は割愛しました。

 

石神の丘美術館の企画展の恒例で、産直とレストランとのコラボレーション企画もあります。

夏休みは、道の駅石神の丘にご家族でお出かけください。


2016.08.16 Tuesday

美術館通信161号発行

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」。
2016年8月号(vol.161)を発行いたしました。

この美術館通信は「美術館通信」コーナーからpdf形式でご覧いただけるほか、
美術館内をはじめ、岩手町内の公民館などの施設で配布しています。
また、美術館通路やいわて沼宮内駅には拡大版を掲示しています。


2016.08.11 Thursday

9/11 ドライフラワー教室 《ボードアレンジ》

 

9月11日(日)、ドライフラワー教室を開催します。

毎回好評のこの講座、
今回は《ボードアレンジ》をつくります。
ソーラローズ、ハス、アヤメなどつかって

華やかにアレンジメントしてみませんか。

 

指導は、町内ドライフラワーサークル
「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さん。
はじめての方もお気軽にご参加ください。


****************************************************************************

ドライフラワー教室《ボードアレンジ》

日 時:9月11日(日) 10:00〜12:00
場 所:石神の丘美術館 工房棟
参加費:1,800円(材料代)
定 員:15名(予約制/先着順)
指 導:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)

《申し込み・問い合わせ先》
石神の丘美術館/電話 0195-62-1453


2016.08.05 Friday

ホール展示 記憶コレクション 町技「ホッケー」のはじまり

 

 

「岩手町の記憶コレクション」は、
町のみなさんからおよせいただいた古い写真や資料を
美術館ホールで紹介する小さな展覧会です。
今回は、岩手町の町技「ホッケー」がはじまった頃、

昭和40年代の写真や資料を紹介します。


***************************

 


岩手町の町技「ホッケー」。

そのはじまりは、1966(昭和41)年7月、岩手県初の国民体育大会(第25回大会)、

通称「岩手国体」の開催決定にともない、岩手町がホッケー競技の会場地に選ばれたことにあります。

 

当時ホッケー競技は町民にも県民にもよく知られておらず、

岩手町では同年10月に役場の若手職員による本県初のホッケーチームを発足、

翌年には沼宮内高校男女ホッケーチームが誕生し、未知のスポーツに挑戦しはじめました。

 

長年にわたるさまざまな取り組みによって、

今では、ホッケー競技は子どもたちからお年寄りまで幅広い世代に普及し、

町からは小沢みさきさん(北京五輪ホッケー女子日本代表)、

田中泉樹さん(ロンドンオリンピックホッケー女子日本代表)らオリンピック選手も輩出しています。

 

もうすぐ本県が開催地となる2度目の国民体育大会「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」がはじまります。

今回の記憶コレクションでは、昭和40年代、岩手町でホッケーがはじまった頃の写真や資料を紹介します。



***************************

岩手町の記憶コレクション
~町技「ホッケー」のはじまり~

会期:2016年8月6日(土)〜9月11日(日)
会場:石神の丘美術館ホール
観覧料金:無料


2016.07.31 Sunday

8月の花

8月の屋外展示場の草花を紹介します。

セミの大合唱につつまれる夏の屋外展示場。
暑い日も木陰の散策路は、
おもいのほかひんやりしています。

お盆をすぎると、空が高くなり、
秋の気配が感じられるようになります。


ヒマワリ
ヒマワリ

サルスベリ
サルスベリ

ネジバナ
ネジバナ

オミナエシ
オミナエシ

マゴジャクシ
マゴジャクシ

リコリス
リコリス
 


2016.07.26 Tuesday

【町内児童対象】美術館ですごす夏の一日


 

定員となり受付を終了しました

 

岩手町の小学生のみなさん。
夏休みの1日を美術館ですごしませんか?
展覧会を見学して、屋外展示場でスタンプラリー。
石神の丘特製ランチのあとは、
樹脂粘土で遊ぼう!


石神の丘美術館では、
岩手町の小学生を対象とした【ようこそ美術館事業】として
「美術館で過ごす一日」を夏休み・冬休み期間に開催しています。
これは、美術館見学、昼食、講座などを通じ、美術館に親しみながら、
町内の小学生同士の交流をはかるものです。

*****************************

※このイベントは岩手町の小学生を対象としています。
 他の市町村の方はご参加いただけません。


*****************************

定員となり受付を終了しました


日  時: 2016年8月9日(火) 午前9時30分美術館集合〜午後3時頃まで
集合場所:石神の丘美術館ホール
対  象:岩手町内の小学生 15名 
    *7月26日(火)より先着順で受け付けます。
    *電話(筺62-1453)または受付に直接申し込みください。
参 加 費 :1,300円(保険、昼食、講座材料代)
    *参加費は、8月5日(金)までに美術館へお支払いください
持ち物など:外あそびできる服装・帽子、ハンカチ、ティッシュ
       水筒(肩からさげられるもの)
                 おもちゃなどは持たないこと、持ち物には名前をつけること


*スケジュール*
9:30 石神の丘美術館集合
     自己紹介・グループ分け
     「斎藤純と旅する ぶらり北緯40°」展を見学します
10:30 屋外展示場で「スタンプラリー」
     ブルーベリーを味見しよう
     健康運動指導員さんと運動しよう
12:15 レストラン石神の丘でランチ
13:00 樹脂粘土で《ウミシカと海の仲間たち》をつくろう
15:00 終了


2016.07.24 Sunday

平成28年度の展覧会予定

平成28年度の企画展予定と休館日についてお知らせいたします。
期日・内容は都合により変更になる場合もございます。
詳細につきましては、各展覧会ごと決まり次第お知らせいたします。





2016.07.24 Sunday

9月11日まで 斎藤純と旅する ぶらり北緯40°展

 

8月6日(土)から9月11日(日)まで

「斎藤純と旅する ぶらり北緯40°」展を開催します。

 

当館では美術展だけでなく地域に根ざした博物館的な展示も

継続して行なってきました。


本展では、当館芸術監督で作家の斎藤純による

北緯40°オートバイツーリング紀行を展示し、あわせて

芸術監督の視点で選んだ、

北緯40度のまちの文化・風土を体現する実物資料等を紹介します。

 

北緯40度という広域の文化風土を俯瞰することで、

地域や郷土への思いを深めていただければ幸いです。

 

 

 

【芸術監督・斎藤純からのメッセージ】


岩手町が「北緯40度のまち」であると意識するようになったのは、

石神の丘美術館の芸術監督に就任してからのことです。

本展は、岩手県普代村から秋田県男鹿市まで北緯40度上の12の市町村を旅しながら

見たり聞いたり考えたりしたことを視覚化したもので、

観光案内でもタウンガイドでもなく、きわめて私的な内容です。

 

北緯40度の市町村は共通した問題を抱えていました。

TPPによる第一次産業の不安、急速な人口減少と小子高齢化などです。

その一方で、訪れたそれぞれの土地には多様な文化があり、

均一化が進む中にあって今なお地方色を強く残していることに心強さを覚えました。

 

石神の丘美術館はアートを通して地方の文化を発信してきました。

この姿勢に間違いがなかったこと、

石神の丘美術館のような存在がますます求められるだろうことを

北緯40度を旅する中で確信しました。

 

この地道な活動が、いずれは「価値観の転換」を促し、

都市への一極集中と文化の均一化に一石を投じるに違いありません。

 

【斎藤純 在館日予定】

 

 

【書き下ろしエッセイ付】

本展入場券には、当館芸術監督で作家の斎藤純の書き下ろしエッセイ

(なんと20頁の冊子!)がついています。

見て、読んで、40°線の旅をお楽しみください。

 

■エッセイの販売について■(8.12送料金額を訂正しました)

遠方など、会場にお越しになれない方には

エッセイの郵送での販売もたまわります。

冊子の代金300円に

送料(切手代/1冊の場合140円、2〜3冊の場合250円、それ以上の時はお問い合わせください)

を足した額を美術館まで現金書留にて送付ください。

「図録の販売について」のページもご覧ください。

 

 

*展覧会関連行事*
■南部家第46代当主・南部利文氏 講演会

8月27日(土) 14:00〜15:00 美術館ホール(聴講無料)

 

 

■北緯40°市町村名スタンプラリー

当館屋外展示場を散策して12個のスタンプをあつめて

北緯40度市町村の名前を完成させよう。

くわしくはこちら

 

 

■北緯40°フェア

道の駅連携事業として隣接する道の駅「石神の丘」では、

期間中、北緯40度市町村のご当地サイダーをあつめたフェアを開催します。

レストラン「石神の丘」でも展覧会関連メニューを期間限定で提供します。

 

 

 

 

**********************************

【2016希望郷いわて国体・いわて大会 文化プログラム事業】

斎藤純と旅する ぶらり北緯40° 

 

会  期: 2016年8月6日(土)〜9月11日(日)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)
休 館 日: 毎週月曜日  ※8/15(月)は臨時開館します

会  場: 岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料: 一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料
 * 20名様以上の団体は2割引
 * 75歳以上の方は5割引
 * 障害者手帳をお持ちの方は無料、介助者(1名)は5割引
 *【町民割引】 町民であることを受付に提示すると2割引
 *【レシート割引】 道の駅「石神の丘」(産直、レストラン)の500円以上のレシート

  (500円ごと1名、当日のみ有効、合算可)を受付に提示すると2割引
 * 上記入館料割引制度は併用することはできません
 * 上記料金で屋外展示場もご覧いただけます

 

主  催: 石神の丘美術館/岩手町/岩手町教育委員会/蟯篌蠶ふるさと振興公社

模型制作協力: 盛岡情報ビジネス専門学校

協  力:マックスフリッツ、(株)SHOEI


2016.07.24 Sunday

9月11日まで 北緯40度市町村名スタンプラリー開催!

 

石神の丘美術館屋外展示場でスタンプをあつめて

北緯40度市町村の名前を完成させよう!

 

 

8月6日からはじまる企画展

「斎藤純と旅する ぶらり北緯40°」展に関連した

スタンプラリーを9月11日まで開催。

 

美術館内・屋外展示場で12個のスタンプをあつめ、

北緯40度市町村名を完成させましょう。

完成した台紙を受付にもってくるとなにかいいことがある・・・かも。

ぜひご参加ください!

 

 

 

■スタンプラリーの参加は無料ですが美術館入館料が必要です。

■スタンプラリー台紙は美術館内に用意します。1人1枚です。

■スタンプをあつめて美術館内受付にお持ちください。

■スタンプを全部あつめるには30分〜60分ほど時間がかかります。

 

 


2016.07.18 Monday

杉本さやかワークショップ「心の風景を描く」

 

 

 

 

それぞれの〈私の風景〉が完成しました!

 

 

 

このイベントは終了しました

 

 

開催中の企画展

「North Wind Project

〈私の風景〉小林志保子 杉本さやか たんのそのこ」

関連行事として

7月18日(月・祝) 13:00〜15:00
美術館工房棟にて

杉本さやか ワークショップ 「心の風景を描く」を開催します。

出品作家のひとり、杉本さやかさんと一緒に「私の風景」を描いてみませんか。

 

只今参加者を募集しています。

参加を希望する方は、美術館(0195-62-1453)にお申し込みください。

申し込みは先着順に中学生以上の方15名を受付ます。

 

参加は無料です。


76LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他