最新情報・ブログ
2018.05.26 Saturday

7/21 ラトゥール・カルテット 七夜月コンサート

 

ラトゥール・カルテット  

七夜月コンサート

 

 

■プログラム

 

第1部
W.A.Mozart  ディベルティメント in B
W.A.Mozart  弦楽四重奏曲第1番 in G  KV387

 

第2部
Frank Bridge  ファンタジー
Leroy Anderson  Arranged by William Zinn 
ジャズ レガート
セレナータ
失われた夢
フィドル―ファドル

 

 

 

◆ラトゥール・カルテット
2009年6月の石神の丘美術館のコンサート出演を機に結成された。
このラトゥールという名前は、明暗の対比を強調し、静寂で神秘的雰囲気が特徴
である、バロック時代の高名な画家、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールに由来する。
これまでに当館をはじめ、もりおか啄木・賢治青春館、萬鉄五郎記念美術館、野
村胡堂あらえびす記念館、岩手県公会堂などで演奏会を開き、好評を博す。

メンバーは各々、県内外で指導者、演奏家として活動している。

 


山口 あうい(ヴァイオリン)
京都市出身。愛知県立芸術大学卒業。桑原賞受賞。同大学院音楽研究
科修了。日本室内楽アカデミーオーディション合格。ウィーン国立音
楽大学に留学。
都留音楽祭セミナーにてバロックヴァイオリンを受講。
堀内ハルキ、亀田美佐子、故・阿部靖、田渕洋子、澤和樹、進藤義武、
故フランツ・サモヒル、渡邊慶子、バロックアンサンブルを岡田龍之介
の各氏に師事。
現在、ヴァイオリン教室を主宰。いわてフィルハーモニー所属。

ラトゥール・カルテット・メンバー。

馬場 雅美(ヴァイオリン)
武蔵野音楽大学卒業。元東京フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリン奏者。
長谷川孝一、比留間和夫、日高毅、ルイ・グレーラーの各氏に師事。
現在、矢巾町田園室内合奏団にてヴァイオリン講師。

ラトゥール・カルテット・メンバー。

熊谷 啓幸(ヴィオラ)
弘前大学在学中にヴィオラを村山弘氏に師事。
これまでにヴァイオリンを松見和子、村山弘、長谷部雅子の各氏に師事。
アンサンブルを村山弘、三戸正秀、藤沢俊樹の各氏に師事。
現在、盛岡と弘前にてヴァイオリン教室を主宰。いわてフィルハーモニー所属。

ラトゥール・カルテット・メンバー。


三浦 祥子(チェロ)
盛岡市出身。盛岡白百合学園高等学校在学中よりチェロを黒沼俊夫、
井上頼豊の各氏に師事。愛知県立芸術大学器楽科在学中より天野武子氏に師事。
現在、音楽教室を主宰。県内各地で演奏活動を行っている。いわてフィルハーモニー所属。
ラトゥール・カルテット・メンバー。


______________________________________

 

日 時:2018年7月21日(土) 午後5時開演(午後4時30分開場) 全席自由
会 場:石神の丘美術館ギャラリーホール
チケット:
 一 般1,500円(前売り1,200円)
 友の会1,200円(前売り1,000円)
 大学生・高校生800円(前売り500円)
 中学生以下無料

主 催:石神の丘美術館友の会
お問い合わせ:石神の丘美術館 (電話0195-62-1453)

 


2018.05.25 Friday

【重要】2018.9〜2020春 屋外展示場お休みします 

 

リニューアル工事のため、

 

石神の丘美術館屋外展示場

(石神山の斜面を利用した彫刻のある散策路/ラベンダー園含む)は、

2018年9月から

2020年春まで 

お休みします。

 

この間は、屋外見学・散策ができませんのでご注意ください。

 

毎年初夏に開催している「ラベンダーフェア」につきましても

2018年のラベンダーフェア(6/23〜7/16)は開催し、

屋外展示場お休み期間中にあたる2019年のフェアはお休みとなります。

 

館内で開催する展覧会は引き続きご覧いただけます。


2018.05.25 Friday

6/23~7/16 ラベンダーフェア2018

 

 

 

当館の屋外展示場の一角には「ラベンダー園」があり

初夏、さわやかな香りと色で来場者をお迎えします。

 

屋外展示場・ラベンダー園の見ごろにあわせ
6月23日(土)から7月16日(月・祝)まで
ラベンダーフェアを開催します。
この期間中は、通常休館日の月曜日も臨時開館します。

 

フェア期間中は、ラベンダーのつみとり体験や野点、
クラフト体験などが楽しめます。
ラベンダーの色と香りを存分にお楽しみください。

ラベンダー園は、美術館の屋外展示場を5分ほど登った場所にあります。
歩きやすい靴、服装でおでかけください。

石神の丘美術館は《恋人の聖地》に選定されています。
また、癒しの効果・病気の予防効果が科学的に認められた
《森林セラピーロード》に認定されています。
 

この屋外展示場ですが、本年9月から2020年春まで

リニューアル工事期間に入ります 来年のラベンダーフェアはお休みします。

現在のラベンダー園の景色が見られるのは今年が最後になります。

どうぞ、お見逃しなく!

 


***石神の丘美術館 ラベンダーフェア2018***

期間:2018年6月23日(土)〜7月16日(月・祝)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
*期間中の休館日はありません。

*7月17日(火)は休館します。
*ラベンダー園は、美術館屋外展示場の一部です。
 入館の際は、美術館内受付を通り、観覧券をお求めください。

 ■屋外展示場(ラベンダー園含む)観覧券
  一般・・・100円
  大学生 高校生・・・50円
  中学生以下無料
 ■企画展観覧券でも屋外展示場(ラベンダー園含む)をご覧いただけます。



★ラベンダーのつみとり体験 
専用の筒につめてください。ハサミなどは貸出します。
【一回300円】



★ラベンダー園前でお煎茶をどうぞ 野点(のだて)の会 
岩手町有志の皆さんがお抹茶とお菓子を用意してお待ちしています。
6月30日(土)、7月1日(日)10:00~15:00

ラベンダー園前で開催 

お茶券300円(お茶とお菓子代)をお求めください。




★創作体験教室 
フェア期間の週末に美術館ホールで開催します。
どの教室も10時30分から14時、材料がなくなるまで、
随時受付します。所要時間はそれぞれ30分程度です。

 

■6月30日(土) ポーセラーツ 
講師:千田和子さん
白磁に転写紙(専用のシール)を使って絵付けをし、
オリジナルマグカップや小物をつくりましょう。
 *カップ1,000円〜 小物700円〜

【参考作品】


 

■7月1日(日)、7月8日(日) ドライフラワーのアレンジメント
講師:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)
ドライフラワーをつかって、アレンジメントをつくりましょう。
つみとり体験でつみとったラベンダーで
ラベンダースティックもつくれます(リボン代別途)。
 *アレンジメント800円

【参考作品 アレンジメント】

【参考作品 ラベンダースティック】

 

■7月7日(土)  アロマ体験教室 
講師:佐藤睦子さん
ラベンダーの精油を使ってハンドマッサージや
虫よけスプレー作りを体験できます。
 *体験教室500円〜

 

■7月14日(土)、7月15日(日)  ハーバリウム 
講師:遊坐真弓さん
ドライの花や植物を特殊なオイルで保存する「ハーバリウム(植物標本)」。

透け感が美しい、オリジナルボトルが作れます。

 *ハーバリウム1,000円〜

 

■7月16日(月・祝) マーブルアート/ビーズクラフト
マーブルアート  講師:柴田慶子さん 
ビーズクラフト  講師:久保佳代さん
ビーズやマーブルアートでラベンダーをイメージしたかわいい飾り
をつくってみませんか。
 *マーブルアート/ビーズクラフトとも500円〜

【参考作品 マーブルアート】

【参考作品 ビーズクラフト】



 


★ラベンダーのグッズ販売 
ラベンダーのドライフラワーやラベンダーオイル、
ラベンダーをイメージしたクラフトなどを期間限定販売します。
【参考写真】

 

 


2018.05.15 Tuesday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.104

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.104」


 

小学校のころから高校を卒業するまで私は教師から一貫して「集中力がない、飽きっぽい」と注意を受けつづけました。

授業中、いつも窓の外をぼんやり眺めてばかりいたのですから、叱られるのも無理はありません。

三つ子の魂百までとはよく言ったもので、今も私は大事な会議のさなかに窓の外を眺めていることがあります。

困ったものです。

 

けれども、「飽きっぽい」はずの私が十代半ばで始めたギターを今も愛好しているのは不思議です。

それは簡単に言うなら、「好きなものは飽きないが、嫌いなものはすぐに飽きる」ということでしょう。

つまり、授業は嫌いだったのです。

だから、もし授業を好きになっていたら、私はどれだけ勉強したことか。

布団代わりにギターをかけて寝るほど熱中したように勉強に熱中していたら今ごろはノーベル賞・・・・・・いえ、冗談です。

 

ターから離れた時期もありましたが(10数年間、私はギターにまったく触れませんでした)、15年ほど前から再開しました。

いったん火がつくと止まりません。

3年前、とうとうバンドを組んで、ステージに立つようにもなりました。

これまでに「もりげきライヴ」に2回、盛岡市内のライヴハウスに1回、一関文化センターの恒例「全日本エレキ音楽祭」に2回、出場しています。

そのほか企業のパーティに呼ばれたり、そうそう、一昨年は道の駅石神の丘開業祭のアトラクションに呼んでいただきました。

 

そのバンド「ザ・ジャドウズ」と盛岡の老舗ロックバンド「にじむらさき」の混成バンド「ザ・パープルジャドウズ」のコンサートを5月16日(水)午後7時から盛岡劇場タウンホールで行います(第281回もりげきライヴ)

懐かしいベンチャーズの曲、タイガースやテンプターズなどのグループサウンズ、ピンキーとキラーズのあの名曲などをお楽しみください。

売り券1000円(当日1200円)です。


2018.05.15 Tuesday

美術館通信182号発行

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」。
2018年5月号(vol.182)を発行いたしました。

この美術館通信は「美術館通信」コーナーからpdf形式でご覧いただけるほか、
美術館内をはじめ、岩手町内の公民館などの施設で配布しています。
また、美術館通路やいわて沼宮内駅には拡大版を掲示しています。


2018.05.14 Monday

5/26 スプリングコンサート

 

このコンサートは終了しました

 

【5/26 スプリングコンサート出演者について お知らせ】
打楽器マリンバ演奏で出演を予定しておりました板垣あや子は、

都合により、急きょ出演を見送ることとなりました。

何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

5月26日(土)午後5時から
美術館ホールでは石神の丘美術館友の会が主催する
「石神の丘スプリングコンサート」が開催されます。

このコンサートは、
毎年岩手町で行われる、学生を対象とした
「岩手町吹奏楽基礎講習会」の前日に
講師陣の皆さんが演奏するもので、毎年春の恒例コンサートです。

 


■出演(予定)

フルート*藤井 菜穂子

 

サキソフォン*成田 徹

 

トランペット*藤井 裕子

 

ホルン*森 泰

 

トロンボーン*荻野 杏菜

 

打楽器*板垣 あや子

 

 

【特別出演】 ピアノ 松岡 淳

■プログラム(予定)
第1部/管楽器、打楽器独奏
フルート◇プーランク/フルートソナタ 第1楽章
ホルン◇モーツァルト/ホルン協奏曲第3番より第1楽章  他

 

第2部/松岡 淳 ピアノ独奏
シューベルト=リスト/菩提樹
             セレナーデ
             魔 王 他

 

 

 

___________________________________

このコンサートは終了しました

 

日 時:2018年5月26日(土) 午後5時開演(午後4時30分開場)
会 場:石神の丘美術館ギャラリーホール
チケット:
 一 般1,500円(前売り1,200円)
 友の会1,200円(前売り1,000円)
 高校生以下無料
●前売り券は、石神の丘美術館と西田商店で販売しています

主 催:石神の丘美術館友の会
後 援:岩手町教育委員会、岩手町立石神の丘美術館、岩手町芸術文化協会
お問い合わせ:石神の丘美術館友の会(石神の丘美術館 電話0195-62-1453)


2018.05.10 Thursday

6/16より エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

 

 

1993年7月に開館した当館は、2018年7月、開館25周年を迎えます。

この記念の年にあわせ、「エコール・ド・エヌ 石神の丘 展」と題し、

岩手町からはじまった美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の

草創期と現在を併せて紹介する展覧会を開催します。

 

〈エコール・ド・エヌ〉は、1957(昭和32)年、

岩手県岩手町沼宮内で地元の画家・齋藤忠誠(1926-1985)のもとに

美術を愛好する町民・岩手町へ赴任した教師たちが集い結成した美術団体です。

当時、盛岡以南に比べ芸術運動の少なかった県北で

地元の人々を中心にした文化振興という出発点や、

「集団としての主義をもたない」、「具象・抽象を問わない」といった

活動理念が他の団体にはないユニークさを持っています。


団体は、盛岡での展覧会を足がかりにパリ展を開催するなど

県内にとどまらない活動を展開しました。

現在事務局は盛岡にあり、世代を超えた活発な活動が続いています。

 

本展会期中、2018年6月28日〜7月3日には

「第60回記念エコール・ド・エヌ盛岡展」が岩手県民会館を会場に開催される予定です。

 

この展覧会では、岩手町における芸術振興に大きな役割を果たした

美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の草創期を作品と資料を通じ振り返るとともに、

現会員の作品を紹介し団体の活動や歴史をたどります。

 

 

■関連行事 (チケットをお求めの上聴講ください)

〈エコール・ド・エヌ〉を語る

6月16日(土)13:30〜 

石神の丘美術館ギャラリーホール

 

■関連展示・公開講演会 (入場無料)

第60回記念 エコール・ド・エヌ盛岡展

6月28日(木)〜7月3日(火)

岩手県民会館第1・2展示室

エヌ盛岡展 公開講演会

6月27日(水)15:00〜 

岩手県民会館4F第1会議室

当館芸術監督・斎藤純が講師としてお話します

 

■展示作家名

【美術館コレクションより草創期会員作品】

 齋藤 忠誠

 齋藤 孝三 

 嶋屋 征一 

 橋場 あや 

 村上 善男

 

【現会員出品者】

 阿部 龍一
 石川 酉三
 石田 貴裕
 伊藤 真理子
 岡崎 正治
 小笠原 歩
 北 政雄
 木村 麻希
 熊谷 行子
 妻神 則夫
 笹川 清敏
 佐々木 琢磨
 佐々木 たつ子
 佐藤 純
 菅田 篤
 鈴木 研作
 鈴木 すみ
 関口 怜子
 立花 健二郎
 種倉 紀昭
 成田 玄治
 西川 百合子
 西村 和明
 日下 信介
 古馬 裕
 本田 綾子
 宮部 美紀
 村井 暁子
 村田 とも子
 森越 康雄 
 八木 毅 
 安ヶ平愛美
 山本 淑子
 吉原 彩子

 

 

______________________________

 

石神の丘美術館開館25周年記念展/エヌ盛岡展60回記念
エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

会     期:2018年 6月16日(土)〜7月29日(日)

開館時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休 館 日:6月18日(月)、7月17日(火)、7月23日(月)

会   場:岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料:一般300円 大・高生200円 中学生以下無料 

 

・6/16は開場式を行なった後、正午より一般公開します

・本展チケットで屋外展示場もご覧いただけます

・20名様以上の団体は2割引、75歳以上の方は5割引になります

・岩手町民の方は2割引になります

・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります

 

 


2018.04.26 Thursday

6/17 カレッジオブロック2018

詳細は近日発表になり次第お知らせします。

これまでの様子は、当館のブログでご覧いただけます

 

主催者ホームページはこちらをごらんください。


2018.04.24 Tuesday

5月の屋外展示場の草花

5月に屋外展示場に咲く草花を一気にご紹介します。
次々と花が咲き、日ごとに緑が濃くなります。
ようやく北国でも春の訪れが実感される季節です。

開花時期は年によってずれることもあります。
最新の情報はツイッターで紹介しますのであわせてごらんください。
ツイッターアカウント  @ishigami_muse


アケビ
アケビ

アマドコロ
アマドコロ

アミガサタケ
アミガサタケ

イカリソウ
イカリソウ

エビネ
エビネ

オキナグサ
オキナグサ(花)

kinagusa
オキナグサ(種)

オダマキ
オダマキ

カキドオシ
カキドオシ

カタクリ
カタクリ

キバナカタクリ
キバナカタクリ

ギンラン
ギンラン

グミ
グミ

クリンソウ
クリンソウ

サクラソウ
サクラソウ

シラネアオイ
シラネアオイ

シロバナエンレイソウ
シロバナエンレイソウ

スイセン
スイセン

スズラン
スズラン

スノーフレーク
スノーフレーク

スミレ
スミレ

スミレ
スミレ

チゴユリ
チゴユリ

ツルビンカ
ツルビンカ

ハナズオウ
ハナズオウ

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ

フデリンドウ
フデリンドウ

ブルーベリー
ブルーベリー

ベニバナイチヤクソウ
ベニバナイチヤクソウ

ホタルカズラ
ホタルカズラ

マイズルソウ
マイヅルソウ

マムシグサ
マムシグサ

シバザクラ
シバザクラ

ミツバツツジ
ミツバツツジ

ヤマナシ
ヤマナシ

ヤマブキ
ヤマブキ

ユキヤナギ
ユキヤナギ

ライラック
ライラック

レンギョウ
レンギョウ

レンゲツツジ
レンゲツツジ











































 


2018.04.24 Tuesday

GW中の開館について

石神の丘美術館は通常月曜日(祝日の場合翌日)が休館日ですが

ゴールデンウィーク中はお休みなく開館します。

 

○4月28日(土)〜5月6日(日)毎日開館します

○5月7日(月)休館日です

 

館内展示室では「岩手町大百科」(観覧無料)を開催中です。

ぜひ、この機会に岩手町のことを知ってください。

 

屋外展示場散策は受付にてチケットをお求めください。

(大人100円、高校生以上の学生50円、中学生以下無料)

当館の屋外展示場は「恋人の聖地」「森林セラピーロード」に

認定されています。

淡い緑色になりはじめた石神山の自然と彫刻をお楽しみください。

 

当館は、道の駅「石神の丘」に隣接しています。

お車で来場の方は、道の駅「石神の丘」に駐車ください。

最寄駅は、東北新幹線・IGRいわて銀河鉄道「いわて沼宮内駅」です。

駅からはアートロード沿いに徒歩約10分です。

 

 


90LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他