最新情報・ブログ
2018.09.28 Friday

第57回岩手町芸術祭

 

この展覧会は終了しました

 

11月10日(土)から25日(日)まで

石神の丘美術館では
第57回岩手町芸術祭・展示部門が開催されます。

 

10月29日(月)まで、

岩手町に在住または勤務している方の作品を募集しています。

募集の文書はこちら


舞台部門は11月11日(日)

岩手町スポーツ文化センター「森のアリーナ」で

行なわれます。

 

 

応募・問い合わせは下記へお願いします

この展覧会は終了しました

岩手町教育委員会事務局 社会教育係

電話 62-2111(内線342)


2018.09.28 Friday

〈北から吹く風2〉石田貴裕 小野ハナ 鈴木研作

    

 

この展覧会は終了しました

 

 

9月29日(土)から11月4日(日)まで、

石神の丘美術館では、
【North Wind Project/北から吹く風2】〈Metamorphose〉石田貴裕 小野ハナ 鈴木研作
を開催します。

 

2016年にスタートしたシリーズ企画「North Wind project/北から吹く風」は

岩手にゆかりある若い世代の美術家をゆるやかなテーマのもとに紹介するものです。

この展覧会シリーズは、2006年から2015年にかけて5回にわたり開催してきた

「石神の丘アートウォーク」の後継事業にあたり、隔年開催を予定しています。


初回(2016年)、「北から吹く風1〈私の風景〉小林志保子  杉本さやか  たんのそのこ」につづく

第2回展では、〈Metamorphose/メタモルフォーゼ〉をキーワードに

 石田貴裕(北上市在住)

 小野ハナ(盛岡市出身・神奈川県横浜市在住)

 鈴木研作(盛岡市在住)

の作品を紹介します。

 


 

〈Metamorphose/メタモルフォーゼ〉は変化・変容を表す独語です。

この言葉は、例えば、自然界において幼虫が蛹そして蝶へと変わる様を、

あるいは、満月をきっかけに人が獣や半獣に変わるような変身譚の一場面を表すものです。

 

蝶や人狼のようなドラマティックな変化ではないにせよ、

私たちの体も新陳代謝により、細胞が知らずのうちに入れ替わっています。

日々変化・変容する肉体と精神が生み出す作品がメタモルフォーゼするのは当然のことなのでしょう。

しかし当然とはいえ、それは不思議で魅力的なことでもあると思うのです。

三者三様のメタモルフォーゼをぜひご覧ください。

 


 

 

石田貴裕 Ishida Takahiro

1988年 岩手県生まれ

2009年頃より創作活動をはじめる
2012年 初個展(Gallery BUN /花巻市)

2013〜16年 個展(ギャラリー彩園子/盛岡市)

2016年 個展(盛久ギャラリー/盛岡市)

同年、LANDSCAPE of N.E.Vol.4 〜東北・北海道の風景〜優秀賞受賞

(リアス・アーク美術館/宮城県気仙沼市)

エコール・ド・エヌ会員、岩手県北上市在住



小野ハナ Onohana

1986年 岩手県盛岡市生まれ

岩手大学教育学部を経て

2014年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了

2015年 第69回毎日映画コンクール『澱みの騒ぎ(Crazy Little Thing)』大藤信郎賞受賞

2017年 個展『泡とねばり、とうきょう』(新宿眼科画廊/東京)

2018年 Linkage Short Film Festival2018

『あいたたぼっち』グランプリ リンケージフィルムフェスティバル賞受賞

神奈川県横浜市在住
 

 

鈴木研作 Suzuki Kensaku
1985年 青森県東通村生まれ

2008年 岩手大学教育学部芸術文化課程卒業

2011年、2015年 岩手芸術祭美術展現代美術部門芸術祭賞受賞

2012年 利根山光人記念大賞展トリエンナーレきたかみ 特別奨励賞受賞

2016年 平成27年度岩手県美術選奨受賞

2017年 個展(諄子美術館/北上市)

2018年 個展(アートスペース羅針盤/東京)

エコール・ド・エヌ会員、岩手県盛岡市在住
 

 


【出品作家によるギャラリートーク】

終了しました

9月29日(土) 午後1時30分〜(60分程度)
作品について出品作家がお話します。
予約不要・聴講無料(ただし観覧券が必要です)
ギャラリートーク終了後、ホールにて出品作家を囲んでの
ティーパーティを開催します。
(石神の丘美術館友の会主催/参加無料)


【ギャラリーコンサート「松井利佳子 ピアノリサイタル」】

終了しました

10月7日(日) 18時〜/美術館ギャラリーホール
盛岡市出身・在住のピアニスト 松井利佳子によるピアノリサイタル。

前売り券販売中 詳しくはこちら


********************************************

この展覧会は終了しました

 

会  期:2018(平成30)年 9月29日(土)〜11月4日(日)  
開館時間: 午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)    
  ●9月29日(土)は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開します
休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日)
入 場 料:一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料
  ●20名様以上の団体または岩手町民の方は2割引です

  ●75歳以上の方は5割引です 受付に年齢が確認できるものを提示ください
  ●障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引です
  ●屋外展示場はリニューアル工事のためお休みしています(〜2020年春まで)

 ★レシート割引 
 隣接する、道の駅「石神の丘」(産直・レストラン)の
 500円以上のレシート(当日のみ有効、合算可、500円ごと1名)を美術館受付に提示すると、
 観覧料金が2割引になります。
 ぜひ、道の駅と美術館、両方をお楽しみください!

 


2018.06.26 Tuesday

旅行家・藤原かんいち写真展

 

 

この展覧会は終了しました

 

1961年岩手県生まれの藤原かんいちは、旅行家・写真家として活躍しています。

20歳で自動二輪運転免許を取得後、23歳でバイク日本一周を実現、

25歳から原付バイクで世界の旅をスタート。

サハラ砂漠横断、北極圏走破などを経て1999年、原付バイクによる世界六大大陸の旅を達成、

2008年、日本人として初めて電動バイクによる世界一周を実現。

これまでの旅行日数は国内外合わせて約3900日間、訪問国は94カ国に及ぶといいます。

 

藤原夫妻は、旅の様子を写真におさめ発表してきました。

この展覧会では「夢とバイクは海を越え、国境を超える」をテーマに、

写真作品およそ60点を通じて日本一周の旅、世界一周の旅を紹介します。

また、特別に岩手町を旅した写真も公開予定です。

 

 

 

 

藤原かんいち   Kanichi Fujiwara
http://www.kanichi.com

 

1961年  岩手県遠野市に生まれる 同年東京へ
1984年  250ccバイク日本一周
1987年  50ccバイクでオーストラリア一周(50ccバイク世界5大陸の旅スタート)
1990年~92年  ホンダ ゴリラで世界一周
1994年  ホンダ ディオでアジア横断
1995年  資金10万円ホンダ スーパーカブで日本一周
1997年~99年  夫婦2台のスーパーカブで地球縦断の旅
2004年~08年  電動バイク ヤマハ パッソル 夫婦で世界一周
2009年~14年 ホンダ リトルカブで国道全制覇の旅
2010年  キャノンSタワーオープンギャラリーにて「旅道のキセキ」写真展
2016年 NHKテレビ番組「スイッチ」出演

 

■総旅行期間:約3900日間
■訪問国:94か国(バイクで走った国は86か国)
■総走行距離:約400,000km

 

 

 

■関連行事 (チケットをお求めの上聴講ください)

 

8月11日(土) 午後1時30分〜/美術館ホール

鼎談 藤原かんいち(出品作家)×  藤原浩子(妻&旅パートナー)×  斎藤 純(当館芸術監督)

 

聴講は無料ですが、ギャラリー内でのトークを予定していますので

チケットをお求めの上聴講ください

対談終了後、午後3時から、石神の丘美術館友の会が主催する

作家を囲んでのティーパーティを開催します どなたもお気軽にご参加ください

 


8月12日(日) 10:30〜14:00
藤原かんいちさんのスマホ写真講座

終了しました

 

 

講座で撮影した受講生のみなさんの作品を紹介します

撮影した場所は、石神の丘美術館屋外展示場です

 

 

 

 

 

【道の駅「石神の丘」コラボ】
 

  

 

 

 

 

______________________________

 

旅行家・藤原かんいち写真展
夢とバイクは海を越え、国境を超える
―原付バイクで日本&世界一周の旅―

 

この展覧会は終了しました

 

会    期: 2018年8月11日(土・祝)〜9月17日(月・祝)
開館時間: 午前9時から午後5時(入場は4時30分まで) *初日は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開
休 館 日: 毎週月曜日 *ただし8月13日(月)は開館
会     場: 岩手町立石神の丘美術館 企画展示室・ホール
入 場 料: 一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料

・本展チケットで8月中は屋外展示場もご覧いただけます(9月1日よりリニューアル工事のため封鎖)
・20名様以上の団体は2割引、75歳の方は5割引になります

・岩手町民の方は2割引になります

・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります
・レシート割引 道の駅「石神の丘」(産直、レストラン)の500円以上のレシート

 (500円ごと1名、当日のみ有効、合算可)を受付に提示すると2割引になります
・上記入館料割引制度は併用することはできません

 

 


2018.05.10 Thursday

7/29まで エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

この展覧会は終了しました

 

 

1993年7月に開館した当館は、2018年7月、開館25周年を迎えます。

この記念の年にあわせ、「エコール・ド・エヌ 石神の丘 展」と題し、

岩手町からはじまった美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の

草創期と現在を併せて紹介する展覧会を開催します。

 

〈エコール・ド・エヌ〉は、1957(昭和32)年、

岩手県岩手町沼宮内で地元の画家・齋藤忠誠(1926-1985)のもとに

美術を愛好する町民・岩手町へ赴任した教師たちが集い結成した美術団体です。

当時、盛岡以南に比べ芸術運動の少なかった県北で

地元の人々を中心にした文化振興という出発点や、

「集団としての主義をもたない」、「具象・抽象を問わない」といった

活動理念が他の団体にはないユニークさを持っています。


団体は、盛岡での展覧会を足がかりにパリ展を開催するなど

県内にとどまらない活動を展開しました。

現在事務局は盛岡にあり、世代を超えた活発な活動が続いています。

 

本展会期中、2018年6月28日〜7月3日には

「第60回記念エコール・ド・エヌ盛岡展」が岩手県民会館を会場に開催される予定です。

 

この展覧会では、岩手町における芸術振興に大きな役割を果たした

美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の草創期を作品と資料を通じ振り返るとともに、

現会員の作品を紹介し団体の活動や歴史をたどります。

 

 

■関連行事 (チケットをお求めの上聴講ください)

〈エコール・ド・エヌ〉を語る

6月16日(土)13:30〜 

石神の丘美術館ギャラリーホール

 

■関連展示・公開講演会 (入場無料)

第60回記念 エコール・ド・エヌ盛岡展

6月28日(木)〜7月3日(火)

岩手県民会館第1・2展示室

エヌ盛岡展 公開講演会

6月27日(水)15:00〜 

岩手県民会館4F第1会議室

当館芸術監督・斎藤純が講師としてお話します

 

■展示作家名

【美術館コレクションより草創期会員作品】

 齋藤 忠誠

 齋藤 孝三 

 嶋屋 征一 

 橋場 あや 

 村上 善男

 

【現会員出品者】

 阿部 龍一
 石川 酉三
 石田 貴裕
 伊藤 真理子
 岡崎 正治
 小笠原 歩
 北 政雄
 木村 麻希
 熊谷 行子
 妻神 則夫
 笹川 清敏
 佐々木 琢磨
 佐々木 たつ子
 佐藤 純
 菅田 篤
 鈴木 研作
 鈴木 すみ
 関口 怜子
 立花 健二郎
 種倉 紀昭
 成田 玄治
 西川 百合子
 西村 和明
 日下 信介
 古馬 裕
 本田 綾子
 宮部 美紀
 村井 暁子
 村田 とも子
 森越 康雄 
 八木 毅 
 安ヶ平愛美
 山本 淑子
 吉原 彩子

 

 

______________________________

 

この展覧会は終了しました

 

石神の丘美術館開館25周年記念展/エヌ盛岡展60回記念
エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

会     期:2018年 6月16日(土)〜7月29日(日)

開館時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休 館 日:6月18日(月)、7月17日(火)、7月23日(月)

会   場:岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料:一般300円 大・高生200円 中学生以下無料 

 

・6/16は開場式を行なった後、正午より一般公開します

・本展チケットで屋外展示場もご覧いただけます

・20名様以上の団体は2割引、75歳以上の方は5割引になります

・岩手町民の方は2割引になります

・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります

 

 


2018.04.12 Thursday

岩手町大百科

 

 

 

この展覧会は終了しました

 

1993年7月に開館した石神の丘美術館は、

2018年に開館25周年を迎えます。

 

屋外彫刻美術館として開館した当館ですが、

同時に開館した展示館やリニューアル後の現在の展示室では、

さまざまな展覧会を開催してきました。

 

展覧会は美術作品を紹介するものに限らず、

地域の歴史や暮らし等に着目し、

博物的な事柄を紹介する展覧会にも積極的に取り組んでいます。

 

開館25周年を迎える今、これまでの展覧会でとりあげてきた

岩手町の歴史・文化を資料や作品を通じて改めて振り返ります。

 

岩手町のこれまでとこれからを

多くの方にご覧いただける機会となれば幸いです。

 

 

【展示品内容】

●土器・土製品でみる縄文

 円筒式土器
 折衷式土器

 大木式土器
 ミニチュア土器
 土面 (どじの沢遺跡採集)
 遮光器土偶 (高梨遺跡採集)
 甲虫型土製品 (黒内式篝彌佚據
 注口土器


●鉄製品でみる平安


 鉄磬 (黄金堂遺跡出土)
 小鰐口 (大森どじの沢小堂跡出土)
 瑞花双鳳八稜鏡 (大森どじの沢小堂跡出土)
 塑像螺髪 (黄金堂遺跡出土)


●絵図でみる江戸から昭和


 沼宮内御代官所絵図 【複写】
 北奥路程記 【複写】
 御領内鬼柳より田名部迄道中絵図 【複写】
 岩手県北岩手郡内廉略絵図面 【複写】
 岩手郡図 【複写】


●写真でみる昭和


 戦後の航空写真
 田村淳一郎 《あの日あの時 昭和30年代〜昭和50年写真》
 山下芳彦 《穀蔵のこどもたち昭和40(1965)年撮影写真》

 

●絵画でみる昭和から平成


 村田林藏 《沼宮内風景》昭和56(1981)年/雲肌麻紙に岩絵具
 三浦千波 《姫神の里》平成25(2013)年/キャンバスに油彩
 古山 拓 《40 degrés N #4 (岩手町一方井)》平成26(2014)年ほか/紙に水彩


●ご存知ですか?岩手町産の製品


 岩手缶詰株式会社岩手町工場 《缶詰、ジュース、ジャム、ゼリー等》
 株式会社飯島産業岩手工場 《作業服・ユニフォーム 等》
 株式会社東光舎岩手工場 《理美容用ハサミ》
 ニチコン岩手株式会社 《小形アルミニウム電解アルミコンデンサ》
 SWS東日本株式会社岩手工場 《自動車用ワイヤーハーネス》

 

おまけ 

展覧会をご覧になったあとは、

まるで小さな教室のようになっている美術館ホールで

「岩手町大百科」小テストに挑戦してみてください

 

 

______________________________

 

この展覧会は終了しました

 

石神の丘美術館開館25周年記念展 【博物編】
岩手町大百科

 

会     期: 2018年 4月21日(土)〜6月3日(日)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)

休 館 日:毎週月曜日 ※4/30、5/1は開館します

会   場: 岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料:無料(屋外展示場観覧は別途入場券をお求めください) 

 

 

 


2018.01.27 Saturday

3/10から 第1回岩手町文化財展

 

________________________________

 

第1回 岩手町文化財展

歴史回廊 〜一方井・浮島(いっかたい・うきしま)地区をめぐる〜

 

2018年3月10日(土)〜4月8日(日)

開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日

 

主催:岩手町教育委員会

________________________________

 

 


2017.12.19 Tuesday

岩手県立沼宮内高等学校 美術部 書道部 合同展

 

 

 

この展覧会は終了しました

 

2月3日(土)から展示室では
「岩手県立沼宮内高等学校 美術部 書道部 合同展」を開催します。

 

この展覧会は、
美術館で展示のことやその技術を学んだ高校生が
自分たちの手で展覧会をつくりあげ発表するもので
今回で15回目の開催となります。

展覧会に関連して会期最終日、2月25日(日)午後1時30分から
同校吹奏楽部・音楽部のみなさんによるミニコンサート
午後2時から美術部・書道部のみなさんが自作について語る解説会を開催します。

沼宮内高校のOB・OGの皆さん、
これから沼宮内高校へ進学する中学生のみなさんはじめ
ぜひ多くの方にご覧いただき、高校生との交流の場ともなれば幸いです。
ご来場おまちしています。

あわせて展示室では
平成30年岩手町書初めコンクール入選作品展を開催します。

 

また、特別展示として

会場には、岩手町・東部地区の創作サークル「おっほ小学校」

の皆さんが制作した「おっほ(ふくろう)」人形が

遊びにきました。にぎやかで個性豊かな人形もぜひごらんください。

 

 

******************************

岩手県立沼宮内高等学校 美術部 書道部 合同展

2018年2月3日(土)〜25日(日)
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)

・会期最終日の2/25は〜16:00まで

・2/9〜18のイルミネーションイベント期間は〜20:00まで
休館日:2月5日(月)、19日(月)
*観覧無料*


2017.11.26 Sunday

岩手町 小中学校・高校 絵画コンクール作品展

 

この展覧会は終了しました

 

平成29年度 

岩手町立石神の丘美術館

岩手町 小中学校・高校
絵画コンクール作品展
 

2018年1月4日(木)〜28日(日)
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:1月9日(火)、15日(月)、22日(月)
*観覧無料*
 

 

今年のテーマは、
「石神の丘美術館」または「すてきな岩手町を紹介します」です。

美術館でみた風景や彫刻、あるいは岩手町が
こどもたちの目にはどう映り、作品になっているのでしょうか。

この展覧会では、町内の小中学校・高校から応募された作品すべてを展示します。

 

受賞者は次のとおりです。

 


2017.11.05 Sunday

コレクションによるテーマ展 HANGA IROIRO

 

この展覧会は終了しました

 

石神の丘美術館が収蔵する作品のうち、近現代版画を紹介します。

 

版は大きく分けて

木版画をはじめとする〈凸版(とっぱん)〉

銅版画をはじめとする〈凹版(おうはん)〉

リトグラフをはじめとする〈平版(へいはん)〉

シルクスクリーンに代表される〈孔版(こうはん)〉

と4つの版種にわけることができます。

 

版の表現はさらに細かい技法に支えられており、

一口に「版画」といえどもその表現方法・効果はさまざまです。

 

今展では、技法に注目しながらカラフルな版画作品をお楽しみください。

 


展覧会期:2017年12月2日(土)〜17日(日)
開館時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)  
休館日:毎週月曜日
《入場無料》



■同時開催・ホールの小さな展覧会

 「斎藤 純 99のエッセイ」 《入場無料》
 

■12月2日(土) 14:00〜 《入場無料》

 沼宮内りんどうコール

 70年のときを紡いで 感謝をささげるコンサート

 

 


 


2017.09.18 Monday

第56回岩手町芸術祭

 

この展覧会は終了しました

 

11月11日(土)から26日(日)まで

石神の丘美術館では
第56回岩手町芸術祭・展示部門を開催します。
入場は無料です。

 

舞台部門は11月12日(日)

岩手町スポーツ文化センター「森のアリーナ」で

行なわれます。

 

詳しくは岩手町のホームページをご覧ください。

 


8LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他