最新情報・ブログ
2018.06.26 Tuesday

8/11から 旅行家・藤原かんいち写真展

 

 

 

1961年岩手県生まれの藤原かんいちは、旅行家・写真家として活躍しています。

20歳で自動二輪運転免許を取得後、23歳でバイク日本一周を実現、

25歳から原付バイクで世界の旅をスタート。

サハラ砂漠横断、北極圏走破などを経て1999年、原付バイクによる世界六大大陸の旅を達成、

2008年、日本人として初めて電動バイクによる世界一周を実現。

これまでの旅行日数は国内外合わせて約3900日間、訪問国は94カ国に及ぶといいます。

 

藤原夫妻は、旅の様子を写真におさめ発表してきました。

この展覧会では「夢とバイクは海を越え、国境を超える」をテーマに、

写真作品およそ60点を通じて日本一周の旅、世界一周の旅を紹介します。

また、特別に岩手町を旅した写真も公開予定です。

 

 

 

 

藤原かんいち   Kanichi Fujiwara
http://www.kanichi.com

 

1961年  岩手県遠野市に生まれる 同年東京へ
1984年  250ccバイク日本一周
1987年  50ccバイクでオーストラリア一周(50ccバイク世界5大陸の旅スタート)
1990年~92年  ホンダ ゴリラで世界一周
1994年  ホンダ ディオでアジア横断
1995年  資金10万円ホンダ スーパーカブで日本一周
1997年~99年  夫婦2台のスーパーカブで地球縦断の旅
2004年~08年  電動バイク ヤマハ パッソル 夫婦で世界一周
2009年~14年 ホンダ リトルカブで国道全制覇の旅
2010年  キャノンSタワーオープンギャラリーにて「旅道のキセキ」写真展
2016年 NHKテレビ番組「スイッチ」出演

 

■総旅行期間:約3900日間
■訪問国:94か国(バイクで走った国は86か国)
■総走行距離:約400,000km

 

 

 

■関連行事 (チケットをお求めの上聴講ください)

 

8月11日(土) 午後1時30分〜/美術館ホール

鼎談 藤原かんいち(出品作家)×  藤原浩子(妻&旅パートナー)×  斎藤 純(当館芸術監督)

 

聴講は無料ですが、ギャラリー内でのトークを予定していますので

チケットをお求めの上聴講ください

対談終了後、午後3時から、石神の丘美術館友の会が主催する

作家を囲んでのティーパーティを開催します どなたもお気軽にご参加ください

 


8月12日(日) 10:30〜14:00
藤原かんいちさんのスマホ写真講座

 

定員:15名 ※要事前申込 参加費:1000円(昼食付)
実際にご自身のスマートフォンで写真を撮影し、藤原さんに講評いただきます
参加を希望する方は美術館(電話0195-62-1453)にお申し込みください
申し込みは7月21日(土)午前9時から先着順に受付します

 

 

【道の駅「石神の丘」コラボ】
レストラン特別メニューの提供を予定しています

 

______________________________

 

旅行家・藤原かんいち写真展
夢とバイクは海を越え、国境を超える
―原付バイクで日本&世界一周の旅―

 

会    期: 2018年8月11日(土・祝)〜9月17日(月・祝)
開館時間: 午前9時から午後5時(入場は4時30分まで) *初日は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開
休 館 日: 毎週月曜日 *ただし8月13日(月)は開館
会     場: 岩手町立石神の丘美術館 企画展示室・ホール
入 場 料: 一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料

・本展チケットで8月中は屋外展示場もご覧いただけます(9月1日よりリニューアル工事のため封鎖)
・20名様以上の団体は2割引、75歳の方は5割引になります

・岩手町民の方は2割引になります

・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります
・レシート割引 道の駅「石神の丘」(産直、レストラン)の500円以上のレシート

 (500円ごと1名、当日のみ有効、合算可)を受付に提示すると2割引になります
・上記入館料割引制度は併用することはできません

 

 


2018.05.10 Thursday

7/29まで エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

 

 

1993年7月に開館した当館は、2018年7月、開館25周年を迎えます。

この記念の年にあわせ、「エコール・ド・エヌ 石神の丘 展」と題し、

岩手町からはじまった美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の

草創期と現在を併せて紹介する展覧会を開催します。

 

〈エコール・ド・エヌ〉は、1957(昭和32)年、

岩手県岩手町沼宮内で地元の画家・齋藤忠誠(1926-1985)のもとに

美術を愛好する町民・岩手町へ赴任した教師たちが集い結成した美術団体です。

当時、盛岡以南に比べ芸術運動の少なかった県北で

地元の人々を中心にした文化振興という出発点や、

「集団としての主義をもたない」、「具象・抽象を問わない」といった

活動理念が他の団体にはないユニークさを持っています。


団体は、盛岡での展覧会を足がかりにパリ展を開催するなど

県内にとどまらない活動を展開しました。

現在事務局は盛岡にあり、世代を超えた活発な活動が続いています。

 

本展会期中、2018年6月28日〜7月3日には

「第60回記念エコール・ド・エヌ盛岡展」が岩手県民会館を会場に開催される予定です。

 

この展覧会では、岩手町における芸術振興に大きな役割を果たした

美術団体〈エコール・ド・エヌ〉の草創期を作品と資料を通じ振り返るとともに、

現会員の作品を紹介し団体の活動や歴史をたどります。

 

 

■関連行事 (チケットをお求めの上聴講ください)

〈エコール・ド・エヌ〉を語る

6月16日(土)13:30〜 

石神の丘美術館ギャラリーホール

 

■関連展示・公開講演会 (入場無料)

第60回記念 エコール・ド・エヌ盛岡展

6月28日(木)〜7月3日(火)

岩手県民会館第1・2展示室

エヌ盛岡展 公開講演会

6月27日(水)15:00〜 

岩手県民会館4F第1会議室

当館芸術監督・斎藤純が講師としてお話します

 

■展示作家名

【美術館コレクションより草創期会員作品】

 齋藤 忠誠

 齋藤 孝三 

 嶋屋 征一 

 橋場 あや 

 村上 善男

 

【現会員出品者】

 阿部 龍一
 石川 酉三
 石田 貴裕
 伊藤 真理子
 岡崎 正治
 小笠原 歩
 北 政雄
 木村 麻希
 熊谷 行子
 妻神 則夫
 笹川 清敏
 佐々木 琢磨
 佐々木 たつ子
 佐藤 純
 菅田 篤
 鈴木 研作
 鈴木 すみ
 関口 怜子
 立花 健二郎
 種倉 紀昭
 成田 玄治
 西川 百合子
 西村 和明
 日下 信介
 古馬 裕
 本田 綾子
 宮部 美紀
 村井 暁子
 村田 とも子
 森越 康雄 
 八木 毅 
 安ヶ平愛美
 山本 淑子
 吉原 彩子

 

 

______________________________

 

石神の丘美術館開館25周年記念展/エヌ盛岡展60回記念
エコール・ド・エヌ 石神の丘展

 

会     期:2018年 6月16日(土)〜7月29日(日)

開館時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休 館 日:6月18日(月)、7月17日(火)、7月23日(月)

会   場:岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料:一般300円 大・高生200円 中学生以下無料 

 

・6/16は開場式を行なった後、正午より一般公開します

・本展チケットで屋外展示場もご覧いただけます

・20名様以上の団体は2割引、75歳以上の方は5割引になります

・岩手町民の方は2割引になります

・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります

 

 


1
1LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他