最新情報・ブログ
2017.04.14 Friday

6/17より 瀬川 強 イーハトーヴ 西和賀 写真展

 

 

 

6月17日(土)から企画展示室では

「瀬川 強 イーハトーヴ西和賀 写真展」を開催します。

 

1954年岩手県花巻市生まれの瀬川 強(せがわ つよし)は、

カタクリに魅かれ湯田町(現西和賀町)に移住しました。

 

その後、「カタクリの会」を結成、西和賀を拠点に奥羽自然観察会を

主宰するとともに写真家として厳しくも美しい自然を撮影し続けてきました。

 

撮影した写真をまとめた著書に『イーハトーヴ フォト 心象スケッチ』、

『雪国の草花』、『奥羽の自然 西和賀大地』、

『フォト ネイチャー エッセンス』等の写真集があります。

 

この展覧会では、四季の風景写真と心象写真を中心に紹介します。

 

 

 

瀬川 強  Segawa Tsuyoshi

 

1954年 岩手県花巻市生まれ
1985年 カタクリに魅かれ岩手県湯田町(現西和賀町)に移住

 

現在、「カタクリの会」代表

日本自然保護協会自然観察指導員

日本野鳥の会会員
 

 

 

■■■関連行事■■■

 

■6月17日(土) 午後1時30分〜 /美術館ホール

対談・ギャラリートーク

 瀬川強(出品作家)×斎藤純(当館芸術監督)

  *聴講は無料ですが観覧券が必要です

  *対談・トーク終了後、友の会の皆さんがお茶をご用意し

   ティーパーティを開催します

 

■7月17日(月・祝) 17時30分〜 /美術館ホール

ラトゥール・カルテットコンサート
盛岡市を拠点に活躍する弦楽四重奏団ラトゥール・カルテットの

コンサート。展覧会コラボ企画として、コンサート中、

プロジェクターで瀬川強さんが撮影した写真を投影します

 

■会期中
道の駅「石神の丘」コラボ企画

展覧会期中、美術館に隣接する道の駅「石神の丘」では

西和賀の物産販売や特別メニューの提供を予定しています

 

◇ラベンダーフェア◇

6月24日(土)〜7月9日(日)

屋外展示場のラベンダーが見ごろを迎えます。

本展観覧券で屋外展示場もご覧いただけます。

ぜひ、展覧会とあわせてお楽しみください。

 

 

 

*******************************

 

 

瀬川 強 イーハトーヴ 西和賀 写真展

 

会  期: 2017年6月17日(土)〜7月23日(日)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)

 *6/17は11時より開場式を行い正午より開場します

休 館 日: 6月19日(月)、7月10日(月)、7月18日(火)
 *6月24日(土)〜7月9日(日)ラベンダーフェア期間は月曜臨時開館します

 

会  場: 岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料: 一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料
 * 20名様以上の団体は2割引
 * 75歳以上の方は5割引
 * 障害者手帳をお持ちの方は無料、介助者(1名)は5割引
 *【町民割引】 町民であることを受付に提示すると2割引
 *【レシート割引】 道の駅「石神の丘」(産直、レストラン)の500円以上のレシート

  (500円ごと1名、当日のみ有効、合算可)を受付に提示すると2割引
 * 上記入館料割引制度は併用することはできません
 * 上記料金で屋外展示場もご覧いただけます

 

主  催: 岩手町/岩手町教育委員会/岩手町立石神の丘美術館/蟯篌蠶ふるさと振興公社

後    援: 岩手日報社/朝日新聞盛岡総局/毎日新聞盛岡支局/読売新聞盛岡支局/

                産経新聞盛岡支局/盛岡タイムス社/IBC岩手放送/テレビ岩手/めんこいテレビ/

                岩手朝日テレビ/エフエム岩手/ラヂオもりおか/岩手町芸術文化協会

 

 

 

 

 


2017.03.14 Tuesday

6/4まで 重石晃子展

 

 

岩手にゆかりある近現代美術家を個展形式で紹介する

〈北の作家シリーズ〉の一環として

盛岡市在住の画家・重石晃子(おもいし こうこ)の作品を紹介します。

 

1934年、盛岡市に生まれた重石晃子は、

中学生のときに深沢省三・紅子(ふかざわ しょうぞう・こうこ)夫妻に師事し

画家への道を歩みはじめます。

 

1952年、第一回生として岩手県立盛岡第二高等学校を卒業。

その後、岩手県立盛岡短期大学美術工芸科に学び、

1975年〜1978年、トゥール美術大学(フランス)に留学。

女流画家協会展や一水会展に出品し数々の受賞を重ねてきました。

 

また、東京純心女子短期大学美術科では教授として後進の指導にあたり、

退職後は盛岡に戻り、深沢紅子野の花美術館館長を務めました。

 

この展覧会では、1970年代からの油彩風景画と共に画家の言葉を展示し、

その画業をたどります。

ぜひこの機会にご覧いただければ幸いです。

 

 

重石 晃子  Koko Omoishi


1934(昭和  9)年 岩手県盛岡市生まれ
1948(昭和23)年 この頃より深沢省三・紅子夫妻に師事
1952(昭和27)年 岩手県立盛岡第二高等学校を第一回生として卒業
1955(昭和30)年 岩手県立盛岡短期大学美工科油画科(三年制)卒業
1969(昭和44)年 女流画家協会会員推挙
1975(昭和50)年〜1978(昭和53)年 フランス、トゥール美術大学留学
1978(昭和53)年 一水会会員推挙
1984(昭和59)年 岩手県優秀美術選奨受賞
1987(昭和62)年 東京純心女子短期大学美術科教授就任(〜1994年)
1998(平成10)年 「重石晃子・欠畑美奈子」展(萬鉄五郎記念美術館)
1999(平成11)年 「三人展 重石晃子・盒僅臓澤藤馥子」(深沢紅子野の花美術館)
2000(平成12)年 深沢紅子野の花美術館館長就任(〜2005年)
2005(平成17)年 「50周年記念 重石晃子」個展(岩手県民会館)
2014(平成26)年 一水会委員推挙

 

 

 

  ■展覧会関連行事■  

4月22日(土)13:30〜

 

対談 重石 晃子(出品作家) × 斎藤 純(当館芸術監督・作家)
美術館ホール/聴講無料ただし観覧券が必要
出品作家・重石晃子さんに制作のことなどお話を伺います。

ホールでの対談の後、展示室内で作品を前にしてもお話いただきます。

 

 

道の駅レシート割引実施中

 

 

 

ご注意

 

4月29日(土・祝)午後2時より美術館ホールでは【津軽三味線 松田隆行LIVE】を開催します。

LIVE時間中は展示室にも音が聞こえますのでご了承願います。

 

**********************************

 

風を追いかけて―   重石 晃子 展

 

会  期: 2017年4月22日(土)〜6月4日(日)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)
休 館 日: 毎週月曜日 *ただし5月1日(月)は開館

会  場: 岩手町立 石神の丘美術館 企画展示室

入 場 料: 一般 500円/大・高生 300円/中学生以下無料
 * 20名様以上の団体は2割引
 * 75歳以上の方は5割引
 * 障害者手帳をお持ちの方は無料、介助者(1名)は5割引
 *【町民割引】 町民であることを受付に提示すると2割引
 *【レシート割引】 道の駅「石神の丘」(産直、レストラン)の500円以上のレシート

  (500円ごと1名、当日のみ有効、合算可)を受付に提示すると2割引
 * 上記入館料割引制度は併用することはできません
 * 上記料金で屋外展示場もご覧いただけます

 

主  催: 岩手町/岩手町教育委員会/岩手町立石神の丘美術館/蟯篌蠶ふるさと振興公社

後    援: 岩手日報社/朝日新聞盛岡総局/毎日新聞盛岡支局/読売新聞盛岡支局/河北新報社/

                産経新聞盛岡支局/盛岡タイムス社/IBC岩手放送/テレビ岩手/めんこいテレビ/

                岩手朝日テレビ/エフエム岩手/ラヂオもりおか/岩手町芸術文化協会

 


1
1LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他