最新情報・ブログ
2012.09.15 Saturday

盒 和 展 −風跡−





11月4日(日)まで石神の丘美術館企画展示室では、
「盒 和 展 −風跡−」を開催しています。

1935年盛岡市生まれの盒 和(本名:和子)は、
岩手県立盛岡第二高等学校を卒業、岩手県立盛岡短期大学美術工芸学校で
深澤省三、紅子夫妻らに師事、女流画家協会を中心に活動を続けています。

南米などを旅した経験をもとに描く異国の風景、
近年取り組んでいる抽象の大作《風跡(ふうせき)》シリーズなど、
この展覧会では、初期から最新作までを展示します。

また、デッサンやスケッチ、版画、ガラス絵など、
趣の異なる小品も展示することで、盒僅造寮こΔ貿ります。



盒 和 展  −風 跡−

■会期
2012(平成24)年9月15日(土)〜11月4日(日)
午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)   会期中無休
*9月15日(土)は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開

■入場料
一般 300(240)円
大・高生 200(160)円
中学生以下無料
 *(  )内は20名様以上の団体料金
 *75歳以上、障害者手帳をお持ちの方は5割引
 * 屋外観覧料金を含む
◎「東北文化の日」10月27日(土)、28日(日)は観覧無料です

■主催
石神の丘美術館/岩手町/岩手町教育委員会/蟯篌蠶ふるさと振興公社

■関連行事
アーティストトーク  終了しました
9月15日(土) 13:30〜
美術館ホール/聴講無料

美術館ホールにて、盒僅造気鵑自作についてお話します。
聞き役を当館芸術監督・斎藤純がつとめます。
聴講は無料です。どうぞお気軽にご参加ください。
トーク終了後、石神の丘美術館友の会が
お茶とお菓子をご用意します。
お茶を飲みながら、作家との交流もお楽しみください。




9/15追記
9月15日(土)午前11時より開場式がおこなわれ、
展覧会がスタートしました。

9.15テープカット

テープカットの様子
右より
石神の丘美術館友の会 会長 西田 拓広さん
展覧会作家 盒供]造気
石神の丘美術館館長 民部田幾夫 岩手町長




午後1時30分からは、
盒僅造気鵑氾館芸術監督・斎藤純による対談がおこなわれました。
学生時代のことや、作品の制作方法のことなど、
普段なかなか聞くことのできない貴重なお話ばかりでした。

9.15対談

対談終了後には、展示室で作品についてお話いただきました。

9.15ギャラリートーク


この展覧会は、11月4日(日)まで開催しています。
芸術の秋に相応しいこの展覧会に、ぜひお出かけください。

LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他