最新情報・ブログ
2018.08.19 Sunday

博物館実習 実習生が展覧会の見どころを紹介します

8月17日から23日まで、

美術館では盛岡大学の学生さんが博物館実習中です。
*博物館実習は学芸員資格を取得するための必修単位です

実習の一環として、
企画展「旅行家・藤原かんいち 写真展」の見どころを

美術館ブログで紹介していただくことにしました。

 

ぜひご覧ください。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 

盛岡大学4年の佐藤花保です。

学芸員実習をさせていただいています。

8月11日から始まった旅行家、藤原かんいちさんの写真展、大人気です。

受付にたくさんの方がいらっしゃいました。

 

藤原展

 

藤原さんがバイクで世界をめぐったということで世界の国旗が皆様をお出迎えしています。

 

藤原展

 

展覧会では藤原さんが世界のあちこちで出会った色んな人との交流の様子、そこでしか見られない壮大な景色を写真を通じて

味わうことができるのが見所です。

 

藤原展

 

写真家藤原さんのiphoneで撮影された写真作品も展示されています。

あまりに芸術的なので加工したものかと思うと、一切加工はしていないのだそう。

美しい自然美に魅了されました。

 

藤原展

 

来館してくれたお客様に感想を書いていただきました。

 

藤原展

 

グッズコーナーにはバイク乗りの方が欲しくなりそうなバイクのミニチュアなどもありました。

他にもかわいいグッズ、癒しのアロマ類揃っています。

ぜひ、ご来館下さい!!

 

藤原展

 

藤原展

 

 


2018.08.14 Tuesday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.107

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.107」


 

かつて私はホンダ・スーパーカブを乗り回していました。

10年ほど前に友人に譲り渡すまでの5年間だけの付き合いでしたが、楽しい思い出がたくさん残っています。

 

道でよく目にするスーパーカブは排気量が50ccの原付(自動車免許を持っていれば乗れます)ですが、私のは自動二輪免許が必要な90ccのモデルでした。

これは原付と違ってタンデム(二人乗り)ができるのです。

そこに目をつけた某テレビ局が、妻とのタンデムツーリングの番組を企画し、網張や玄武温泉など岩手山の山麓を一泊二日かけて旅をしました。

これもいい思い出のひとつです。

 

スーパーカブは1958年に登場して以来、累計生産台数が2017年秋に1億台に達し、世界最多量産ならびに販売台数を記録しています。

エンジンをはじめ、あらゆる部分が進化しているのですが、「見た目」は1958年の発売当時のモデルとほとんど変わりがありません。

これも我が国の工業製品の中では異例中の異例といえるでしょう。

ホンダはスーパーカブによって世界に知られる存在になり、これを「発明」した本田宗一郎の名を不動のものにしました。

 

スーパーカブの特長は、何よりも燃費のよさにあります。

50ccエンジンのスーパーカブはリッターあたり60キロは走るでしょう。

久性が高く、頑丈でなかなか壊れないため、一台に一生乗れます。

また、小さいながら走破力も馬鹿にできません。

 

私は旧沢内村から秋田県美郷町へ抜ける真昼林道(しばしば通行止めになることでも知られています)をスーパーカブで走ったことがあります。

途中、本格的なオフロードバイクに乗ったライダーらに会いましたが、私のスーパーカブが淡々と走っているのを見て唖然となった顔を忘れられません。

これも楽しかった思い出です。

 

スーパーカブの特長を活かして、日本一周はもちろん、世界一周にチャレンジしている強者も少なくありません。

スーパーカブで「地球縦断の旅」を実現させた藤原かんいちさんは、そんなチャレンジャーらの「鑑」であり、「お手本」というべきライダーです。

 

今月11日から始まる『旅行家・藤原かんいち写真展 夢とバイクは海を越え、国境を超える』では、藤原さんのこれまでの旅の足跡を存分に味わっていただけるでしょう。

私はこの企画展を通じて、藤原さんを旅に駆り立てる原動力に触れてみたいと思っています。


2018.08.14 Tuesday

美術館通信185号発行

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」。
2018年8月号(vol.185)を発行いたしました。

この美術館通信は「美術館通信」コーナーからpdf形式でご覧いただけるほか、
美術館内をはじめ、岩手町内の公民館などの施設で配布しています。
また、美術館通路やいわて沼宮内駅には拡大版を掲示しています。


2018.07.29 Sunday

【重要】2018.9〜2020春 屋外展示場お休みします 

 

リニューアル工事のため、

 

石神の丘美術館屋外展示場

(石神山の斜面を利用した彫刻のある散策路/ラベンダー園含む)は、

2018年9月から

2020年春まで 

お休みします。

 

この間は、屋外見学・散策ができませんのでご注意ください。

 

毎年初夏に開催している「ラベンダーフェア」につきましても

屋外展示場お休み期間中にあたる2019年のフェアはお休みとなります。

 

館内で開催する展覧会は引き続きご覧いただけます。


2018.07.29 Sunday

10/7 松井 利佳子 ピアノリサイタル

 

松井 利佳子 ピアノリサイタル  

Rikako Matsui  Piano Recital

 

 

■プログラム

 

バッハ=Rikako MATSUI 編曲
 シチリアーナ

  パストラーレ

 

ベートーヴェン
 ピアノソナタ op31-2. No17. 〜テンペスト〜

 

チャイコフスキー
 ドゥムカ 〜ロシアの田舎の情景〜

 

グラナドス  
 演奏会用アレグロ

 

ショパン  
 24のプレリュード  Op.28より
 

※曲目変更の場合があります

 

 

■松井 利佳子
岩手県盛岡市出身。盛岡第二高等学校、2000年桐朋学園大学演奏学科卒業。

フランス・パリ・エコールノルマル音楽院演奏課程満場一致卒業、同演奏家課程、研究科修了。

2006年パリ留学を経て帰国。
1997年第13回園田高広賞国際ピアノコンクール第2位、大分県知事賞富士通賞受賞。

2004年第4回プロコフィエフ国際コンクールピアノ部門ディプロマ受賞(ロシア・サンクトペテルブルク)。
盛岡、東京、ウィーン、パリ等でリサイタル、音楽祭出演。

大阪シンフォニカー交響楽団、ザルツブルク室内管弦楽団等と共演。

2015年ライブ録音集CD・ピアノリサイタル「イリュミナシオン」リリース。

2016年盛岡にて、帰国10周年記念ソロリサイタル開催。
現在、岩手大学大学院総合科学研究科、同大学音楽科非常勤講師。演奏活動の傍ら後進の指導も行う。

 

松井利佳子オフィシャルサイト http://rikako-m.com

______________________________________

 

日 時:2018年10月7日(土) 午後6時開演(午後5時30分開場) 全席自由
会 場:石神の丘美術館ギャラリーホール
チケット:
 一 般1,500円(前売り1,200円)
 友の会1,200円(前売り1,000円)
 大学生・高校生800円(前売り500円)
 中学生以下無料

主 催:石神の丘美術館友の会
お問い合わせ:石神の丘美術館 (電話0195-62-1453)


2018.07.29 Sunday

平成30年度の展覧会スケジュールと開館日

 

2018年は石神の丘美術館開館25周年の年にあたります。

屋外展示場は、2018年9月から2020年春まで

リニューアル工事のため閉鎖となります。どうぞお気をつけください。

 

リニューアル工事では、ラベンダー園等がより散策しやすいようになる予定です。

今年のラベンダーフェアは、現在のラベンダー園をご覧いただく最後の機会。

来年のラベンダーフェアは、工事にともないお休みとなります。

ラベンダーは、6月下旬から7月上旬に見ごろをむかえます。

皆さまのご来場をお待ちしております。


2018.07.29 Sunday

8/14 岩手町夏まつり+ニコニコ町会議

毎年恒例の「岩手町夏まつり」に

今年は「ニコニコ町会議ツアー2018」がやってきます。

 

●岩手町夏まつりのサイト

●ニコニコ町会議ツアー岩手町のサイト

 

 

 

期日:2018年8月14日(火)

会場:道の駅「石神の丘」・石神の丘美術館野外劇場

お問い合せ先:岩手町夏まつり実行委員会事務局/岩手町役場企画商工課商工観光係

電話/0195-62-2111(内線213・214)

 

当日は道路・駐車場の混雑が予想されます。

公共交通機関での来場をぜひご検討ください。

 

【新幹線・電車の場合 1〜2時間に1本程度】

最寄駅「いわて沼宮内駅」

(駅から会場まで徒歩約10〜15分で石神の丘です)

●JR東北新幹線

●IGRいわて銀河鉄道

 

【バスの場合 町外から岩手町へ 1〜2時間に1本程度】
●岩手県北バス「盛岡〜沼宮内」 

(「いわて沼宮内駅前」の次の停留所「宝来橋」から徒歩約10分で石神の丘です)

 

【バスの場合 町内移動 いわて沼宮内駅から会場方面 1〜2時間に1本程度】

●岩手県北バス「いわて沼宮内駅前⇔岩手町役場・大町⇔沼宮内営業所」

(「いわて沼宮内駅前」から乗車時間約2分「沼宮内高校前」下車 

横断歩道をわたると石神の丘です)

 

●あいあいバス まちなか循環線

(「いわて沼宮内駅前」から乗車時間約9分「道の駅石神の丘」下車)


 


2018.07.29 Sunday

8月の屋外展示場の草花

8月の屋外展示場の草花を紹介します。

セミの大合唱につつまれる夏の屋外展示場。
暑い日も木陰の散策路は、
おもいのほかひんやりしています。

お盆をすぎると、空が高くなり、
秋の気配が感じられるようになります。


ヒマワリ
ヒマワリ

サルスベリ
サルスベリ

ネジバナ
ネジバナ

オミナエシ
オミナエシ

マゴジャクシ
マゴジャクシ

リコリス
リコリス
 


2018.07.29 Sunday

8/31まで 屋外展示場スタンプラリー開催中!

 

 

夏休み企画として屋外展示場では、

8月11日からはじまる企画展「旅行家・藤原かんいち写真展」関連イベントとして

わくわくスタンプラリー「世界一周気分!バイクスタンプをさがせ!」を開催中です。

 

世界をバイクで旅する藤原かんいちさんをイメージしたスタンプラリー。

石神の丘美術館・屋外展示場を散策して

7種類のバイクのスタンプをあつめよう。

全部みつけることができるかな?

スタンプをあつめたら美術館受付にもってきてね。
なにかいいことがあるかも!?

スタンプラリーは8月31日(木)まで開催します。
ぜひ挑戦してみてくださいね。


2018.07.26 Thursday

8/26 ドライフラワー教室 《木の実の置き物》

 

今年度最初のドライフラワー教室では、

松ぼっくりでできた台にストローブマツやラムズイヤーなどを

飾りつけたキュートな《木の実の置き物》をつくります。

ぜひ参加してみませんか?

 

指導は、町内ドライフラワーサークル
「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さん。
はじめての方もお気軽にお申し込みください。


****************************************************************************

ドライフラワー教室《木の実の置き物》

日 時:8月26日(日) 10:00〜12:00
場 所:石神の丘美術館 工房棟
参加費:1,800円(材料代)
定 員:15名(予約制/先着順)
指 導:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)

《申し込み・問い合わせ先》
石神の丘美術館/電話 0195-62-1453


91LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他