最新情報・ブログ
2010.07.06 Tuesday

写真コンテスト結果発表

企画展「東北の道をゆく 須藤英一写真展」に関連して開催した
「北東北・あなたの好きな道路(みち)写真コンテスト」には
たくさんのご応募をいただき、まことにありがとうございました。

厳正なる審査の上、
次の方の受賞がきまりましたのでお知らせいたします。


《最優秀賞》
佐藤 敏弘 『黄金の彩り』

《優秀賞》
小田 健三『帰り路』
菅野 敬夫『岩手山麓の自動車道』
谷岡 美弘『タイムトンネル』


特別賞および佳作、選抜展示については
審査結果一覧をご覧ください。

審査結果一覧(PDF97.7KB)


審査結果については、受賞者に書面で通知するほか、
岩手日報紙面でもお知らせ予定です。


なお、受賞作品は、7月17日(土)から開催する
企画展「東北の道を行く 須藤英一写真展」にあわせ
石神の丘美術館ホール/道の駅石神の丘 道路情報休憩施設 多目的ホール
にて紹介いたします。

2010.07.06 Tuesday

道の駅石神の丘開業8周年記念感謝祭

スタンプラリー2010 


7月24日(土)、25日(日)

道の駅・石神の丘開業8周年(美術館隣接)
石神の丘美術館リニューアルオープン8周年
を記念して

「開業8周年記念感謝祭」

を開催いたします。



道の駅では、

・ブルーベリー摘み取り体験ツアー(要予約)
・北東北B級グルメ大集合
(いわてまち焼きうどん、北上コロッケ、横手やきそば、黒石つゆやきそば)
・そのだつくしさんの似顔絵コーナー(7/24のみ)
・おたのしみ抽選会
・餅まき大会

など楽しいイベントがたくさん開催されます。
(詳しくは、道の駅・石神の丘HPをご覧ください)



石神の丘美術館では、24日(土)、25日(日)に次のイベントを行います。

・カップル割引
(カップルで入場の場合、企画展「東北の道を行く 須藤英一写真展」の観覧料金を
1人300円のところ、お2人で300円に割引いたします)

・ハートを探せ!スタンプラリー
(屋外展示場に6個のスタンプを設置。散策しながらスタンプを集めると
道の駅で行われるくじ引き抽選券を差し上げます。地元の特産品や
ソフトクリーム券などがあたるかも!)


屋外展示場に植えられているブルーベリーも
実が色づき、ちょうど食べごろを迎える季節です。
屋外展示場散策の際には、味見することができますよ。
(つみとり農園ではありませんので、お持ち帰りはご遠慮いただいております)

ぜひ、ご家族みなさんでお出かけください!


2010.06.20 Sunday

杉本展ギャラリートークを開催しました

 

6月20日(日)13:30から展示室では、
現在開催中の企画展「B2のチカラ 杉本吉武B2ポスター展」
関連行事としてギャラリートークが行われました。

今回の企画展では、
盛岡市出身のグラフィックデザイナー・杉本吉武さんがデザインした
B2サイズ(72.8×51.5c)のポスターおよそ150点を紹介しています。

これらのポスターは、
これまでに岩手で行われたイベントや事業の告知用に制作され、
実際に街中に貼りだされ、使用されたものが中心となっています。


そこで、今回のギャラリートークでは、
出品作家の杉本吉武さん(写真左)
地元新聞社で報道の側から多くの事業に立ち会ってきた小原守夫さん(写真右)
に当館芸術監督・斎藤純(写真中)が
デザインのことや、時代背景を伺うという形で行われました。

ポスターから振り返る岩手の歴史や思い出、
杉本デザインの特徴や傾向
デザイナーの仕事とはどういうものか・・・
話題はつきません。

デザインを学ぶ学生さんも集まり、
充実した時間となりました。





2010.06.19 Saturday

写真コンテストのお知らせ

6月21日をもちまして、
本コンテストへの応募を締め切らせていただきました。
たくさんのご応募をありがとうございました。

コンテストの結果につきましては、
7月10日まで受賞者に通知するほか、
石神の丘美術館ホームページでもお知らせいたします。




2010年7月17日(土)から開催予定の
石神の丘美術館の次期展覧会
「東北の道を行く 須藤英一写真展」

この展覧会では、『日本百名道』等の著者で
写真家の須藤英一氏が撮影した道路を含む風景写真の中から
「東北」にテーマをあてた作品をご紹介します。
作品を通じて、出かけてみたい場所をみつけたり、
道路とそれを取り巻く環境や、生活に思いをめぐらす
きっかけとなれば幸いです。

写真コンテストのお知らせ
≪八幡平アスピーテライン 撮影:須藤英一≫



また、本展関連企画として
「北東北・あなたの好きな道路(みち) 写真コンテスト」を開催いたします。

ご応募いただいた作品のうち、受賞作品については
展覧会「東北の道を行く 須藤英一写真展」にあわせ、
美術館に隣接する道の駅「石神の丘」ホールで展示し、
広くご覧いただき、道路愛護の普及を図ります。

応募の締め切りは6月21日(月)です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「東北の道を行く 須藤英一写真展」関連企画として、
「北東北・あなたの好きな道路(みち)写真コンテスト」を開催します

■目 的
 北東北の道路を見つめなおし、私たちの生活に必要不可欠な道路に対する理解と関心を深めるべく「北東北・あなたの好きな道路(みち)写真コンテスト」を開催します。
 豊かな自然やその土地ならではの景観、私たちの生活、歴史や文化・・・北東北の道路は様々なことを語りかけていることでしょう。
 応募いただいた作品のうち、受賞作品については、展覧会「東北の道を行く 須藤英一写真展」にあわせ、道の駅「石神の丘」ホールで展示し、広くご覧いただき、道路愛護の普及を図ります。


■テーマ
「北東北・あなたの好きな道路(みち)」
(道路と自然や景観、道路と生活、道路と文化・歴史など)
*作品タイトルは自由です

■募集期間
2010年6月21日(月)必着

■応募先
応募条件をよくお読みになり、出品申込書と共に下記へお送りください。
岩手町立 石神の丘美術館 「写真コンテスト」係
〒028-4307
岩手県岩手郡岩手町五日市10-121-21
電話/0195-62-1453 FAX/0195-62-1477

■応募条件

1. 北東北3県(岩手、秋田、青森)で撮影したもので(撮影時期は問わず)、自作・未発表のもの。

2. 作品は1人5点まで(組作品は1点4枚組まで)応募できますが、入賞は1人1作品に限らせていただきます。

3. 二重応募・類似作品の応募は禁じます。入賞後にこれらの事実が判明した場合は、入賞を取り消します。

4. 応募作品は理由の如何を問わず返却しません。

5. フィルムカメラで撮影かデジタルカメラで撮影かは問いません。

6. モノクロ・カラーは問いません。

7. 撮影現場に存在しないものを加工するなど、画像合成処理をした作品は受け付けません。

8. 応募作品のサイズは、キャビネ判以上四つ切り(ワイド)以下の紙焼きとします。デジタルカメラの場合はA4判または四つ切り(ワイド)光沢紙使用で印刷してください。

9. 応募にあたっては、出品申込書(下記よりダウンロードの上、印刷してください)を必ず添付してください。また出品申込書にある応募票を作品裏に貼り付けてください。

10. 写真に肖像権を有する人物および建造物等が含まれている場合は、応募者本人が公表の承諾を得た上で応募してください。

11. 佳作以上の入選作品について、著作権は主催者に帰属し、ネガまたはポジフィルムを提供していただきます。デジタルカメラによる作品の場合は、画像データをJPG形式にてCD−ROMに収録の上、提出いただきます。

12. 応募に際して、提供いただいた個人情報は、当写真コンテスト意外には利用いたしません。


■入賞
最優秀賞(1名) 賞金5万円
優秀賞(3名) 賞金1万円
佳作(10名) 岩手町の特産品セット

■発表/表彰式
6月25日に行われる審査会を経て、選考結果は7月10日(土)までに受賞者にのみ通知いたします。また、石神の丘美術館ホームページや地元新聞等でも発表を予定しています。

表彰式 2010年7月17日(土)/石神の丘美術館

■作品展示
入賞作品は2010年7月17日(土)〜8月22日(日)
道の駅「石神の丘」道路情報休憩施設(石神の丘美術館隣接)において展示します。

■選考委員
須藤英一(写真家)
熊谷達也(作家)
西川和雄(社団法人東北建設協会 岩手支所長)
斎藤 純(作家・石神の丘美術館芸術監督)


応募要項/出品申込書は
こちらからダウンロードしてください
↓↓↓
《応募要項・出品申込書》



2010.06.13 Sunday

ラベンダーフェア

 lavenderfair2010



石神の丘美術館屋外展示場には、約4000屬亮侈未砲よそ2万株の
ラベンダーが植えられたラベンダー園があります。

耐寒性に優れ、花の色が濃い『バイオレットメモリー』という品種
のラベンダーが主に植えられており、6月下旬から7月上旬に見ごろを迎えます。

見ごろを迎える時期にあわせ、
今年もラベンダーフェアを開催します。



--------------------------------------------

《ラベンダーフェア2010》

2010年6月26日(土)、27日(日)
7月3日(土)、4日(日)開催!


★ラベンダーの摘み取り体験★
お1人50本程度摘み取れます 料金は300円です


★ラベンダーを使った創作教室★
日曜日の10時〜14時 プチハート 500円


★ラベンダーグッズの販売★
ラベンダーティー、オイル、ポプリなど


★ラベンダーを眺めながらいただく野点(のだて)の会★
町内有志のみなさんによる野点です
ラベンダーの花をかたどったお菓子とお茶をどうぞ
料金は300円です



【恋人の聖地 スペシャル】

石神の丘美術館は、「恋人の聖地」に認定されています。
このことを記念し、上記4日間、
ご夫婦、カップルなどお二人で入場の際、
受付で「カップルです」とおっしゃった方、
各日先着50組に、
特製のハート形のパンを差し上げます。
岩手町の特産品のひとつ
ブルーベリーのジャムがたっぷり入っています。
仲良く召し上がって下さいね。


ラベンダーは地中海沿岸原産のシソ科の植物で、
古代から防虫・殺菌など薬用植物として用いられてきました。
最近ではアロマテラピー[芳香療法]分野でも注目されています。
その香りにはストレスや不安をやわらげ、リラックス、
安眠の効果が期待できるといわれています。




2010.06.13 Sunday

ギャラリートークの開催

 sugimoto-talk

6月20日(日) 13:30〜14:30 
《ギャラリートーク》を開催します。


ゲスト 杉本 吉武 氏 (グラフィックデザイナー/出品作家)
    小原 守夫 氏 (元岩手日報社編集委員室長)
聞き手 斎藤 純 (作家/当館芸術監督)

開催中の企画展「杉本吉武B2ポスター展」では、
杉本氏がデザインしたB2サイズのポスターおよそ150点を紹介しています。
紹介しているポスターは、これまでに岩手で実際に行われた
イベント・事業の告知に使用されたものです。

出品作家の杉本吉武氏、多くの事業を報道の側として立ち会ってきた
小原守夫氏(元岩手日報社編集局編集室長)にお話しを伺いながら、
ポスターデザインはもとより、岩手の文化事情等についてもお話いただきます。

デザインについて、また時代を振り返るきっかけとなれば幸いです。

*参加を希望する方は、当日美術館ホールへお集まりください。
  聴講は無料ですが、観覧券が必要です。


2010.05.11 Tuesday

ギャラリートーク

杉本吉武B2ポスター展




 5月1日より美術館企画展示室では、

B2のチカラ
杉本吉武B2ポスター展

が始まりました。(〜7/4まで)


会期初日には、
杉本吉武さん(写真左)と当館芸術監督・斎藤純(写真右)による
ギャラリートークが行われ、
杉本さんの作品のこと、これまでの仕事のことなど
デザインに関わるお話を伺いました。



今回の展覧会では、
実際に街に貼り出されたB2サイズのポスターを中心に
およそ150点のポスターを紹介しています。

イベント等が終ると目的を果たしたとして
処分されることが多いB2ポスターですが、
振り返って眺めると、
当時の岩手の文化事情等も見えてくるようです。

ぜひ、この機会にご覧ください。

2010.04.20 Tuesday

友情の人形展 関連イベントのお知らせ


石神の丘美術館 企画展示室にて
今月25日(日)まで開催中の展覧会
「いわてに残る 友情の人形展
 〜平成の《友情の人形》の贈呈を記念して〜」


友情の人形展


この展覧会に関連して、
4月24日(土) 午後2時から
「友情の人形の思い出を語る会」を開催いたします。

この会では、岩手町立沼宮内小学校に贈られた人形「メリー」の
思い出を持つ方にお集まりいただき、それぞれの思い出をお話いただきます。
お話は記録をとり、「メリー」の歴史年表の制作を目指したいと思っています。


また、同日午後3時からは
「講演とビデオ上映《答礼人形/岩手鈴子》について」
が開催されます。

ここでは、テレビ岩手が制作した番組
『74年目の人形大使 岩手鈴子
 〜日米のはざまにゆれて〜』(平成13年5月27日放送)
を担当したディレクター・淵沢行則さんによるお話と、番組放送を行ないます。

答礼人形とは、アメリカから贈られた「友情の人形」の
お礼として日本から贈った人形のことです。
岩手からは「岩手鈴子」という名の日本人形が贈られました。



関連イベントはいずれも聴講無料です。
参加ご希望の方は、当日美術館ホールにお集まり下さい。
たくさんのご参加、お待ちいたしております。


2010.03.31 Wednesday

朗読劇「ラブ・レター」 大盛況でした

 3月28日(日)
美術館ギャラリーホールでは
朗読劇「ラブ・レター」(作/浅田次郎)
が開催されました。

朗読劇「ラブ・レター」


大塚富夫さん、高村明彦さん、
千葉伴さん、吉田瑞穂さんの語りと
ラトゥール・カルテットの皆さんによる
生演奏は本当に素晴らしく、
終演後、会場は盛大な拍手に包まれました。

ギャラリーホールには約150人ものお客様が
お越し下さり、中には立ち見の方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございました。

今後も石神の丘美術館では
様々なイベントを企画して参りますので
どうぞ宜しくお願いいたします。
 

2010.03.02 Tuesday

盛岡市出身・在住 漫画家5人展

 盛岡市高松の市立図書館で、
盛岡市出身・在住の漫画家
■佐香厚子さん
■田中美菜子さん
■とりのなん子さん
■にざかな(かな)さん
■藤枝とおるさん
の原画作品を紹介する展覧会
「漫画家5人展」が開催中です!

盛岡市出身・在住 漫画家5人展

昨年7月18日(土)から9月6日(日)まで、
萬鉄五郎記念美術館と石神の丘美術館では、
岩手出身・岩手在住もしくは岩手にゆかりのある漫画家の作品を集め、
個々の表現に注目しながら漫画家・作品を概観する展覧会
「マンガ百花繚乱〜岩手の漫画家50の表現」展を開催いたしました。

これを機会に
郷土が誇る漫画家たちの活躍を広く皆様に紹介したく、
財団法人岩手県文化振興事業団からの助成を受け、
漫画家の出身地域での展示活動をこれまでにも行ってきました。


そして今回、
「いわて漫画展実行委員会」と「盛岡市立図書館」の
共催事業として、盛岡市出身または在住の漫画家5名の
展覧会を、市立図書館を会場に開催することとなりました。


盛岡市出身・在住 漫画家5人展

会場では、各漫画家さんの代表作の
原画作品約60点をご紹介しています。
この機会に、ぜひ会場へお出掛け下さい。




*********************************************
「盛岡市出身・在住 漫画家5人展」

■佐香厚子
■田中美菜子
■とりのなん子
■にざかな(かな)
■藤枝とおる

会 期:2010年3月2日(火)〜14日(日) ※3/8(月)は休館
    午前9時〜午後6時(土・日曜日は午後5時まで)

会 場:盛岡市立図書館 新聞コーナー
    (盛岡市高松1丁目9−45)

※観覧無料


12LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他