最新情報・ブログ
2018.11.09 Friday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.110

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.110」


 

関東からやってきたオートバイ仲間と一緒に岩手県内をツーリングしてきました。

 

秋晴れのもと、しばしば紅葉に目を奪われてオートバイを停めると、遠来の仲間たちは口々に「岩手はオートバイの楽園だ」と盛んにカメラやスマホのシャッターを切ります。

晩秋の冷気に慣れていない一人は手がかじかんでしまい、スマホをうまく操作できなくなり、もうじきやってくる厳しい冬の前触れを察したのか、彼は「今は楽園だけど、これからが大変なんですね」と呟きました。

 

私も同じことを考えていました。

秋は風景もきれいですし、食べ物もおいしいです。

それは、長く厳しい冬を迎える前のプレゼントのようなものなのだと…。

 

やがて冬になり、雪や寒さに堪える日々が続きます。

もう雪かきはイヤだと誰もが心身ともに根を上げるころに春がやってきます。

 

岩手の春の美しさは格別です。

春の日だまりの暖かさもまた格別です。

明けない夜がないのと同様に、明けない冬もありません。

だから、私たちはどんなにつらい冬でも乗り越えることができるのです。

 

人生も同じではないでしょうか。

多少つらいことがあっても、その向こうに春のような日が来ると思えば我慢ができます。

たとえ税金が高かろうが、消費税が家計を苦しめようが、安心して子どもを生み育てることができるのであれば辛抱できるでしょう。

安心して老後を過ごせるとわかっていれば、喜んで税金も納めるでしょう。

 

ところが、今の世の中、ちっとも春の兆しが見えません。

一部の政治家と一部の官僚たちが「我が世の春」を年がら年中、謳歌しているだけです。

 

敗戦後から高度経済成長時代にかけて、私たちの先輩たちは、今とは比べ物にならないほどの苦労を重ねました。

そして、自らの力で春を築きました。

苦労のし甲斐のある人生だったと思います。

 

「冬を乗り越えれば明るい春が来る」

 

そういう世の中に、私たちはしなければなりません。

秋のツーリング中、オートバイのシートの上でそんなことを考えました。


2018.11.09 Friday

美術館通信188号発行

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」。
2018年11月号(vol.188)を発行いたしました。

この美術館通信は「美術館通信」コーナーからpdf形式でご覧いただけるほか、
美術館内をはじめ、岩手町内の公民館などの施設で配布しています。
また、美術館通路やいわて沼宮内駅には拡大版を掲示しています。


2018.10.31 Wednesday

2018秋 野鳥観察会

 

 

石神の丘美術館友の会・石神の丘美術館 共催事業
「日本野鳥の会会員のガイドでまわる 石神の丘 野鳥観察会」

 

木々の葉が落ち、見通しのよくなった石神の丘で

野鳥を観察してみませんか?

 

この野鳥観察会は、2010年から毎年春・秋に開催しています。

ただいま石神の丘美術館屋外展示場は

リニューアル工事のためお休み中(2020年春まで)ですが、

今回は特別に屋外展示場を歩き、野鳥の様子を観察します。

 

今年はどんな鳥に出会えるでしょうか?

 

 

*****************************

石神の丘 野鳥観察会

 

日 時:2018年11月24日(土) 小雨決行

    午前10時から1時間30分程度

集 合:道の駅石神の丘北側駐車場(美術館工房前)

参加費:250円(保険料、ガイド料)

締 切:11月20日(火) 先着20名

 *参加をご希望の方は石神の丘美術館(電話0195-62-1453)へお申し込みください

 *野鳥観察会終了後、希望者には芋の子汁の昼食を用意します(別途200円)

 *飲み物、おやつ等は各自でご準備ください

 *朝露に濡れてもよい服装でご参加ください

 *参加者に野鳥のオリジナルポストカードプレゼント!

*****************************


2018.10.12 Friday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.109

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.109」


 

私はクラシック音楽の中でも古楽が好きです。

古楽はバロック以前(代表的な作曲家を挙げると、バッハ、ヴィヴァルディ、ヘンデル、コレッリ、ダウランド、リュリ、クープラン、スカルラッティ、テレマンなど)の音楽を指します。

 

クラシックの主流である「モダン」に対する形で「古楽」があるわけですが、細かい説明よりも演奏を聴けばその違いがよくわかります。

ワルターやカラヤンが指揮したバッハと、ヘレヴェッヘやガーディナーら古楽の指揮者によるバッハを聴き比べると、前者はこってりと脂っこく、後者はあっさりしていると感じます。

室内楽を聴き比べても、やはり前者は重厚なニス塗りの家具を、後者は白木のシンプルな家具を連想させます。

 

古楽の特徴はムーブメントでもあることです。

なにしろ、楽譜の表記から演奏習慣、そして使用する楽器もその後のいわゆるクラシックとは異なります。

たとえば、古楽で活躍するリュート、チェンバロなどの楽器はバロックの次の古典派(モーツァルト、ベートーヴェン)の時代に駆逐されました(ちなみに、リュートはギターの先祖、チェンバロはピアノの先祖と思われがちですが、確かに代用されてはいるものの、実は先祖ではありません)。

 

古楽は、作品(楽譜)の発掘(古楽ムーブメントのおかげでこれまで忘れ去られていた名曲の数々が再評価されるようになりました)、演奏習慣の研究(これは専門的になるので割愛します)、当時の楽器の再現など実にたくさんの研究の成果の上に成り立っています。

たとえば、リュートやチェンバロ、そしてバロック以前に使われていたバロックヴァイオリンとヴァロックボウ(弓)などは現存していません(残っていたとしても実用には耐えられません)から、資料を元に再現しなければなりません。

その際、絵画が役に立ちます。

幸いなことに、正確な写実によって当時の楽器が描かれた作品がたくさん残っています。

それを参考にするのです。

 

そのような研究の重要な本拠地のひとつが、スイスのバーゼル・スコラ・カントルムです。

 

今秋から、盛岡出身のバロック・ヴァイオリニスト吉田爽子さんが、バーゼル・スコラ・カントルムに留学しました。

かねてから吉田さんの演奏会を石神の丘美術館で開催したいと思っていましたが、留学を終えて帰国するまで実現はお預けとなりました。

遠く離れた岩手町の空の下から、吉田さんのご健勝をお祈りしています。


2018.10.12 Friday

美術館通信187号発行

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」。
2018年10月号(vol.187)を発行いたしました。

この美術館通信は「美術館通信」コーナーからpdf形式でご覧いただけるほか、
美術館内をはじめ、岩手町内の公民館などの施設で配布しています。
また、美術館通路やいわて沼宮内駅には拡大版を掲示しています。


2018.10.07 Sunday

観覧無料日のお知らせ

 

■東北文化の日■

10月27日(土)、28日(日)

 

■文化の日■

11月3日(土・祝)

 

上記3日間、

石神の丘美術館は観覧無料です。

ぜひ、石神の丘で芸術の秋をお楽しみください。

 

 

「東北文化の日」や「文化の日」には

様々な文化施設でイベントが開催されたり

入館特典や入場無料が設定されたりすることがあります。

お近くの文化施設へ出かけてみませんか。

 

 

 

 

 


2018.09.28 Friday

第57回岩手町芸術祭

 

この展覧会は終了しました

 

11月10日(土)から25日(日)まで

石神の丘美術館では
第57回岩手町芸術祭・展示部門が開催されます。

 

10月29日(月)まで、

岩手町に在住または勤務している方の作品を募集しています。

募集の文書はこちら


舞台部門は11月11日(日)

岩手町スポーツ文化センター「森のアリーナ」で

行なわれます。

 

 

応募・問い合わせは下記へお願いします

この展覧会は終了しました

岩手町教育委員会事務局 社会教育係

電話 62-2111(内線342)


2018.09.28 Friday

〈北から吹く風2〉石田貴裕 小野ハナ 鈴木研作

    

 

この展覧会は終了しました

 

 

9月29日(土)から11月4日(日)まで、

石神の丘美術館では、
【North Wind Project/北から吹く風2】〈Metamorphose〉石田貴裕 小野ハナ 鈴木研作
を開催します。

 

2016年にスタートしたシリーズ企画「North Wind project/北から吹く風」は

岩手にゆかりある若い世代の美術家をゆるやかなテーマのもとに紹介するものです。

この展覧会シリーズは、2006年から2015年にかけて5回にわたり開催してきた

「石神の丘アートウォーク」の後継事業にあたり、隔年開催を予定しています。


初回(2016年)、「北から吹く風1〈私の風景〉小林志保子  杉本さやか  たんのそのこ」につづく

第2回展では、〈Metamorphose/メタモルフォーゼ〉をキーワードに

 石田貴裕(北上市在住)

 小野ハナ(盛岡市出身・神奈川県横浜市在住)

 鈴木研作(盛岡市在住)

の作品を紹介します。

 


 

〈Metamorphose/メタモルフォーゼ〉は変化・変容を表す独語です。

この言葉は、例えば、自然界において幼虫が蛹そして蝶へと変わる様を、

あるいは、満月をきっかけに人が獣や半獣に変わるような変身譚の一場面を表すものです。

 

蝶や人狼のようなドラマティックな変化ではないにせよ、

私たちの体も新陳代謝により、細胞が知らずのうちに入れ替わっています。

日々変化・変容する肉体と精神が生み出す作品がメタモルフォーゼするのは当然のことなのでしょう。

しかし当然とはいえ、それは不思議で魅力的なことでもあると思うのです。

三者三様のメタモルフォーゼをぜひご覧ください。

 


 

 

石田貴裕 Ishida Takahiro

1988年 岩手県生まれ

2009年頃より創作活動をはじめる
2012年 初個展(Gallery BUN /花巻市)

2013〜16年 個展(ギャラリー彩園子/盛岡市)

2016年 個展(盛久ギャラリー/盛岡市)

同年、LANDSCAPE of N.E.Vol.4 〜東北・北海道の風景〜優秀賞受賞

(リアス・アーク美術館/宮城県気仙沼市)

エコール・ド・エヌ会員、岩手県北上市在住



小野ハナ Onohana

1986年 岩手県盛岡市生まれ

岩手大学教育学部を経て

2014年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了

2015年 第69回毎日映画コンクール『澱みの騒ぎ(Crazy Little Thing)』大藤信郎賞受賞

2017年 個展『泡とねばり、とうきょう』(新宿眼科画廊/東京)

2018年 Linkage Short Film Festival2018

『あいたたぼっち』グランプリ リンケージフィルムフェスティバル賞受賞

神奈川県横浜市在住
 

 

鈴木研作 Suzuki Kensaku
1985年 青森県東通村生まれ

2008年 岩手大学教育学部芸術文化課程卒業

2011年、2015年 岩手芸術祭美術展現代美術部門芸術祭賞受賞

2012年 利根山光人記念大賞展トリエンナーレきたかみ 特別奨励賞受賞

2016年 平成27年度岩手県美術選奨受賞

2017年 個展(諄子美術館/北上市)

2018年 個展(アートスペース羅針盤/東京)

エコール・ド・エヌ会員、岩手県盛岡市在住
 

 


【出品作家によるギャラリートーク】

終了しました

9月29日(土) 午後1時30分〜(60分程度)
作品について出品作家がお話します。
予約不要・聴講無料(ただし観覧券が必要です)
ギャラリートーク終了後、ホールにて出品作家を囲んでの
ティーパーティを開催します。
(石神の丘美術館友の会主催/参加無料)


【ギャラリーコンサート「松井利佳子 ピアノリサイタル」】

終了しました

10月7日(日) 18時〜/美術館ギャラリーホール
盛岡市出身・在住のピアニスト 松井利佳子によるピアノリサイタル。

前売り券販売中 詳しくはこちら


********************************************

この展覧会は終了しました

 

会  期:2018(平成30)年 9月29日(土)〜11月4日(日)  
開館時間: 午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)    
  ●9月29日(土)は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開します
休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日)
入 場 料:一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料
  ●20名様以上の団体または岩手町民の方は2割引です

  ●75歳以上の方は5割引です 受付に年齢が確認できるものを提示ください
  ●障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引です
  ●屋外展示場はリニューアル工事のためお休みしています(〜2020年春まで)

 ★レシート割引 
 隣接する、道の駅「石神の丘」(産直・レストラン)の
 500円以上のレシート(当日のみ有効、合算可、500円ごと1名)を美術館受付に提示すると、
 観覧料金が2割引になります。
 ぜひ、道の駅と美術館、両方をお楽しみください!

 


2018.09.16 Sunday

10/14 ドライフラワー教室 《スワッグ》

 

定員となり申し込み受付を締め切りました

 

今年度二回目のドライフラワー教室では、

ルリタマアザミ・イガナス・クロタネソウなどを

つかった上品な《スワッグ(壁飾り)》をつくります。

ぜひ参加してみませんか?

 

指導は、町内ドライフラワーサークル
「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さん。
はじめての方もお気軽にお申し込みください。


****************************************************************************

ドライフラワー教室《スワッグ(壁飾り)》
 

定員となり申し込み受付を締め切りました


日 時:10月14日(日) 10:00〜12:00
場 所:石神の丘美術館 工房棟
参加費:1,800円(材料代)
定 員:15名(予約制/先着順)
指 導:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)

《申し込み・問い合わせ先》
石神の丘美術館/電話 0195-62-1453


2018.09.12 Wednesday

芸術監督のショートエッセイ 石神の丘から vol.108

美術館で毎月発行している小さな情報誌
「石神の丘美術館通信ishibi《いしび》」にて連載中の、
芸術監督・斎藤純のショートエッセイをご紹介します。


********************************************************************

石神の丘美術館芸術監督・斎藤純のショートエッセイ
「石神の丘から vol.108」


 

暑い暑い夏が終わりました。

今年の夏は本当に暑くて、暑さに弱い私は常に健康状態に不安を覚えて過ごしました。

私は冬よりも夏に風邪をひいたり、高熱を出したりすることが多いのです。

 

なにしろ7月から急に猛暑となり、8月中旬まで連日、30度を超える日が続きました。

夜になると気温が下がり、就寝時にはエアコンを入れずにすんだのがせめてもの救いでした。

気象情報が伝える最高気温は日影の風通しのいい場所での計測ですから、実際にはさらに2度以上高いところで私たちは活動をしていることになります。

熱中症で体調を崩された方、亡くなられた方が今年は記録的に多かったそうです。

 

オートバイで走っていても、気温が体温に近いと熱風を浴びるばかりで、少しも涼しさを感じません。

そのためオートバイに乗るのが躊躇われ、今夏はまったく走行距離が伸びませんでした。

ロードバイク(自転車)も同様です。

スマホに、ほぼ毎日のように「運動はひかえましょう」という熱中症予防情報がメールで届きましたから、それを守ったわけです。

「せっかくの休日だから」などと無理をすると、取り返しのつかないことになりかねません。

 

そんな暑い暑いさなか、ある除雪機メーカーに勤めている友人は、注文を取る営業で大忙しでした。

驚いたことに、除雪機は夏場の商戦で勝負が決まるのだそうです。

メーカーは夏の真っ最中に除雪機を売りまくるわけです。

 

実はスキー用具も夏場が販売の勝負どころなのです。

懇意にしているスポーツ店に行ったところ、たまたまスキー板とスキー靴の最新モデルが展示されていました。

夏に早期注文をすると、最新モデルを割安で入手できるというフェアを開催していたのです。

担当の方のレクチャーを受けているうちに、まんまと最新モデルを注文する羽目になっていました。

 

それはともかく、一夏の間、エアコンの効いた場所で過ごすように心がけましたが、遠出をできないためフラストレーションが溜まる一方です。

そんなとき、『藤原かんいち写真展 夢とバイクは海を越え、国境を超える』は、その素晴らしい写真で私を知らない国へと運んでくれます。


94LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他