最新情報・ブログ
2014.03.11 Tuesday

「祈りのともしび」が灯されました

2014年3月11日(火)
東日本大震災から3年になります。
あの日と同じように、
今日は雪の舞う一日になりました。

3年前、大きく長い揺れのあとも
幾度もつづく余震に、建物内にいるのは危険だと
避難場所である道の駅のイベント広場に皆が集まるうちに
雪が降り出したことを思い出します。


美術館では、震災後間もなく、
改めて地震発生時の職員の行動を振り返り
災害時にどのような行動をとるか、
どんな点に気をつけるかを皆で考え、まとめました。
余震も多く、来場されたお客様の安全や
作品の安全を考える必要があったからです。

それ以来、3月11日には
職員が自分たちでまとめたものを見返し、
必要なことを書き加えたりしています。



午後6時からは、
今年も美術館隣接の道の駅「石神の丘」を会場に
東日本大震災で犠牲になった方の追悼と
復興への願いを込め手づくりの灯篭にキャンドルを灯す
「祈りのともしび」が行われました。
灯篭は、町内の小中学生、町民のみなさんがつくったものです。
 

2013.11.30 Saturday

版画 黒の魅力  会場の様子をお知らせします

11月23日(土・祝)よりスタートした
美術館コレクションによる展覧会
「版画 黒の魅力」
20名の作家の作品52点を紹介しています。



この展覧会では、
木版画、銅版画、リトグラフ(石版画)、シルクスクリーン(孔版画)など
黒に特徴のある、さまざまな版画を紹介しています。



会場には拡大鏡がおいてあります。
版種による表現の違いをじっくり見てみませんか。



展示室の奥のコーナーでは、
「描かれた岩手町そして石神の丘」を同時開催しています。
当館は、今年で開館20周年を迎えました。

当館や岩手町を描いた作品10点余りを紹介しています。
下の画像は、今年、水墨画家・王子江さんと
岩手町立浮島小学校の全校児童がいっしょにつくりあげた作品です。
タイトルは《岩手町楽園》。縦2m、横7mにもなる大作です。



美術館ホールでは、開館から20年のあゆみを写真で振り返る
「岩手町の記憶コレクション 
 石神の丘美術館開館20周年特別編」
も開催中です。






 

2013.11.01 Friday

11月3日 「文化の日」は美術館へどうぞ



11月3日は「文化の日」。
1946年に日本国憲法が公布された日であり、
「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として
国民の祝日になっています。

この日、石神の丘美術館は観覧無料です。
ぜひこの機会にお出かけください。



同日午後1時から
開催中の企画展「石神の丘アートウォーク2013」展の
関連行事として、出品作家と一緒に作品を見る
アートウォークツアーを開催します。
もちろん、こちらも参加無料です。




この展覧会は、美術館内と屋外をつかった企画展で、
9名の作家の作品を展示しています。

アートウォークツアーには
出品作家のうち

黒沢笑子さん、南舘麻美子さん、山本英治さん、
妻神則夫さん、田村優一さん、山口清治さん

が参加します。

また、この展覧会で
QRコードによるガイドシステムを提供している
岩手県立大学の学生さんも参加し
観光支援ツールについてご紹介くださいます。

出品作家と作品や制作についてお話しながら
アート散策してみませんか。
園内の木々も紅葉していますよ。

参加を希望される方は、
午後1時に美術館ホールにお集まりください。
ツアー時間はおよそ1時間30分です。
ツアーは館内展示だけでなく、屋外展示もまわります。
どうぞ歩きやすい服装でご参加ください。



 

2013.10.14 Monday

公開制作した石彫が設置されました



開催中の企画展「石神の丘アートウォーク2013」の一環として
9月23日(月・祝)まで野外劇場ステージで行われた
青森市の彫刻家・山口清治さんによる公開制作
「ぼくの石彫シンポジウム」制作作品が
野外劇場に設置されました。

作品題名は《大きい人》
岩手町産の黒御影石3体からなる作品です。

岩手町で行われてきた「岩手町国際石彫シンポジウム」に尽力した
齋藤忠誠さん
高見泰蔵さん
新妻實さん
への敬意を込めた作品です。



作品設置は10月14日(月・祝)に行われました。
石の重さは、一体で50〜80kgになるそうです。
石材店に協力いただき、機械をつかって運びます。



位置や向きを調整しながら台となる石の上に設置されました。




 

2013.10.11 Friday

石彫の公開制作が行われました

 


9/23で公開制作は終了しました。
制作された作品は、10月14日(月・祝)に
野外劇場に設置される予定です。



開催中の企画展「石神の丘アートウォーク2013」の一環として
9月23日(月・祝)まで野外劇場ステージでは、
青森市の彫刻家・山口清治さんによる
公開制作「ぼくの石彫シンポジウム」が行われました。
作品制作に使ったのは、岩手町産の黒御影石です。


岩手町では、1973年から2003年まで30回にわたり
「岩手町国際石彫シンポジウム」が開催されてきました。
国内外の彫刻家が、町産の黒御影石をつかい制作した作品は
当館の屋外展示場、彫刻公園をはじめ
町内の各所でご覧いただけます。

山口さんは、シンポジウム開催当時、
カメラマンとして沼宮内を訪れました。
そしてやがて自身も彫刻に取り組むようになったのだそうです。


彫刻家が集ったあの当時をおもわせる、
「ぼくの石彫シンポジウム」。
作品制作の現場をご覧いただき、
作家との交流もお楽しみいただきました。


制作の様子をお知らせします

9月12日


9月13日


9月14日


9月15日


9月17日


9月18日


9月20日


9月21日


9月22日


 

2013.08.18 Sunday

美術館×レストラン石神の丘コラボ企画★懐かしの給食セット



この企画は終了しました


石神の丘美術館で好評開催中の企画展
「玩具と写真による 懐かしの昭和展」に関連して、
隣接する道の駅「石神の丘」のレストランでは、
8月19日(月)から期間限定で【懐かしの給食セット】が販売されます。


気になる献立はと言うと・・・

・コッペパン(苺ジャム・マーガリン)
・バナナ
・カレー風味のクリームシチュー
・黒内豆腐のサラダ
・小岩井ヨーグルト(ブルーベリーソース)
・くずまき高原牛乳(ミルメーク ココア)


給食の中身はもちろんのこと、
アルマイトのお盆やお皿、先割れスプーンなど、
使われている食器類からも懐かしさを感じられるのではないでしょうか。


【懐かしの給食セット】は8月19日(月)〜25日(日)まで、
レストラン石神の丘(Tel.0195-61-1602)にてお召し上がりいただけます。
1日15食限定販売ですので、どうぞお早めに!


2013.08.13 Tuesday

14日は「岩手町夏まつり」です 花火大会のため屋外展示場を解放します

2013年の岩手町夏まつりは終了しました

8月14日(水)は、道の駅「石神の丘」を会場に
「岩手町夏まつり」が開催されます。



20時からはじまる花火大会の観賞のため
今年も美術館の屋外展示場の一部を無料開放します。



館内は通常通り午後5時で閉館します。
花火大会のための無料開放は、野外劇場が入り口です。

園内は灯りがありませんので、
懐中電灯などをお持ちのうえご利用ください。

入場口などくわしくは、当日の掲示に従ってください。




14日夜、美術館のスロープから撮影した花火。
たくさんの方が集まり、およそ1時間にわたる花火を楽しみました。
 

2013.06.22 Saturday

二十歳の美術館を花で飾りました

当館は、今年の7月2日で開館20周年を迎えます。
そして来週末6月29日からは、
屋外展示場のラベンダーが見ごろとなることから
「ラベンダーフェア」も予定しています。

二十歳の美術館を花で飾り、
来場されるお客さまをおむかえしようと
6月22日(土)、ボランティアのみなさんと
寄せ植えづくりを行いました。



横に広がるタイプ、縦に伸びるタイプ、しだれるタイプ
植物の性質と花の色を考えながらバランスよく並べます。



道の駅から美術館に向かう入り口部分にも
大きな鉢に寄せ植えをつくりました。

専門家の方にアドバイスいただき、
・ニューサイラン
・ヒューケラ
などちょっと変わった色合いの葉に
・ベゴニア ファイア・クラッカー
・ユーフォルビア
など特徴のある花をあわせた
シックな色合いにまとめてあります。



こちらは、美術館入り口のスロープです。
それぞれの鉢には、
しだれる性質のある植物・テラスが入っていますので
これから成長するのが楽しみです。





 

2013.06.09 Sunday

7月15日まで「ラベンダーフェア」を開催






石神の丘美術館屋外展示場の見ごろにあわせ、
ラベンダーフェアを開催します。

*つみとり体験
*野点
*ドライフラワー教室
*アロマ体験教室
*ポーセラーツ教室
*マーブルアート教室
*期間限定 ラベンダーグッズ販売
などなど

期間中、いろいろな講座が開催されます。

また、この期間、企画展示室では
開館20周年記念展「水墨画家 王 子江(おう すこう)展」を
開催しています。ぜひ、あわせてごらんください。
*展覧会について詳しくはこちらからごらんいただけます


6月30日(日)には 
美術館野外劇場で
大学生の野外音楽イベント「カレッジオブロック」が開催されます。
*カレッジオブロックについて詳しくはこちらからごらんいただけます


ラベンダーの香りには
リラックスやリフレッシュの効果が期待できるのだそうです。
ゆったりとひとときをお過ごしください。
皆さまのご来場おまちしております。


******

6月9日現在のラベンダーは、
成長はこれからといった様子の
小さな緑色のつぼみです。

ブログで今後も成長具合をお伝えします。
お楽しみに。

2013.06.08 Saturday

王 子江(おう すこう)展がはじまりました



6月8日(土)
開館20周年の記念展として
水墨画家 王 子江(おう すこう)展がはじまりました。

開場式には共同制作をした
岩手町立浮島小学校のみなさん、
大槌町のみなさんにもお集まりいただきました。





テープカットに参加いただいたのは次の方々です。
王 子江 さん(中央)、
岩手町立浮島小学校児童代表 三浦生誠(きあき)くん
大槌町でのNHK「日曜美術館」収録に参加した児童代表 箱山暖乃(はるの)さん
大槌町でのNHK「日曜美術館」収録に参加した大人代表 大萱生都さん
岩手町立石神の丘美術館 館長 民部田幾夫岩手町長
 


大槌町で共同制作された《吉祥如意図》の大きさに圧倒されます。


ホールでは、浮島小学校のみなさんが歌や郷土芸能・浮島念仏剣舞を披露し、
大槌町からの来場者を歓迎しました。



大槌町の児童代表 箱山暖乃さんが読み聞かせを披露してくれました。



午後1時30分からは
王子江さんの「ギャラリートーク」が行われました。



2012年に釜石市・大槌町を訪れたときのこと、
そこから生まれた作品について
来場された方は熱心に話を聞いていました。



この展覧会は7月28日(日)まで開催します。
県内ではなかなか見ることの少ない水墨画の展覧会です。
ぜひ、みなさまのご来場をお待ちしています。

13LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他