最新情報・ブログ
2014.11.19 Wednesday

雪がふりました



イロハモミジが真っ赤な葉を落とし、
カラマツが金色の針のような葉を落とすと
そろそろ冬。

11月13日、石神の丘周辺には初雪が降りました。
初雪を写真に撮ろうとしてみましたが・・・
ちょっと分かりにくいですね。

11月現在の石神の丘周辺は、
まだ「雪がつもる」という状況ではありませんが、
そろそろタイヤを交換しないと心配な季節です。
北へお出かけの方はどうぞご注意ください。


屋外展示場の草花紹介は春までお休みします。

冬の間も屋外展示場を散策することができます。
長くつやかんじきの貸出もしていますよ。

厳寒期には一面真っ白になる石神の丘。
この季節にしか出会えない風景があります。
雪があるからこそ見える動物の足跡や痕跡を探す
「アニマルトラッキング」もおすすめです。

どうぞ暖かい服装で、冬の石神の丘もお楽しみください!

 

2014.07.09 Wednesday

ラベンダーからブルーベリーへ



曇り・雨の多くなりそうな7月2週目。
こんな時は、さかんに飛んでいる花蜂たちもお休みのようです。
(写真は晴れているときに撮影しました。)

雨の合間のラベンダー園はより色が鮮やかで香りも強くなります。
ですが、雨にあたったあとは、花がいたんでしまうことが多いのです。
ラベンダーをご覧になりたい方は、どうぞお早目にご来場ください。
少しの雨でしたら、傘をさしての散策も楽しいですよ。



ラベンダーと入れ替わりに、
これからシーズンを迎えるのは岩手町の特産品のひとつ「ブルーベリー」です。
岩手町はブルーベリーの県内出荷量第1位なんですよ。

美術館の屋外展示場にも様々な品種のブルーベリーの木があります。
今年も鈴なりに実をつけ、すこしずつ青紫色に熟しはじめています。
このブルーベリー、園内散策の際にお味見OKなんです!
黒いかな、というくらい色の濃い実を選んで味見してみてくださいね。
※たくさんの方に楽しんでいただくため、持ち帰りはご遠慮いただいています。

たくさんつんでみたい方には、この時期だけオープンする観光農園がオススメです。
今年の観光農園は
7/19(土)、20(日)、26(土)、27(日)、8/2(土)、3(日)に
町内全9個所で開催されます。
くわしくは岩手町のHPをご覧ください。
かわいいガイドマップもダウンロードできますよ!
→→→http://town.iwate.iwate.jp/kanko/blueberyguide/

もちろん美術館隣接の道の駅「石神の丘」産直ではブルーベリーの販売、
金山会さんのブルーベリーソースや岩手缶詰さんのブルーベリーワインも人気です。
レストラン石神の丘ではブルーベリーソフトクリームが食べられますよ。
くわしくは道の駅「石神の丘」HPをご覧ください。
7月25日(土)、26日(日)には開業祭イベントを予定しています。
→→→http://isigaminooka.jp/

 

2014.07.05 Saturday

7/5のラベンダー



7月5日に撮影したラベンダーです。
通路の両脇がラベンダー色に染まり、さわやかな香りがしています。
つみとり体験(300円)も好評開催中です。
ラベンダーを切るときに香り成分が広がり
より一層よい香りを楽しむことができますよ。

つみとったラベンダーは生花を生けて楽しむほか
風通しの良い日陰に干してドライフラワーやポプリづくりをしたり
リボンで編み込んでラベンダースティックにすると
長く色と香りを楽しむことができます。



今日5日(土)と明日6日(日)には、
ラベンダー園前で町内有志のみなさんが
「野点の会」を開催しています。
お抹茶とラベンダーをかたどったお菓子をお楽しみください。
お茶券は300円です。




 

2014.07.02 Wednesday

7/2のラベンダー



7月2日のラベンダーです。
今が見ごろ!

今年は例年より成長具合が早めのようですよ。
今週末5日(土)、6日(日)には、
ラベンダー園前で野点(お抹茶とお菓子300円です)が行われるほか
創作体験教室も開催されます。
さらに、岩手町・沼宮内の大町商店街では
ご当地グルメ11団体が出展する「いわてまちキャベツマン食堂2014」も
開催されますので、どうぞあわせておでかけください!

ラベンダーフェアについてはこちら→

いわてまちキャベツマン食堂についてはこちら→



 

2014.06.28 Saturday

6/28のラベンダー

6月28日(土)に撮影したラベンダーです。



ラベンダーの花がつぎつぎに咲き始めています。
つぼみからとびだすように薄紫の花が咲いているのが
ご覧いただけるでしょうか。



日当たりのよい園路沿いは特に開花がすすんでいます。
つみとってドライフラワーにしたりするには
今がちょうど良いですよ!



ラベンダーの香り成分は葉や茎にも含まれていますので
葉や茎をこすってみると
より香りを楽しむことができますよ。

今日、6月28日(土)から7月13日(日)まで
「ラベンダーフェア」を開催しています。

ラベンダーフェアについてくわしくは
こちらをどうぞ→http://blog.ishigami-iwate.jp/?eid=585

 

2014.06.23 Monday

6/22のラベンダー

6月22日に撮影したラベンダーの様子です。
つぼみがだいぶふくらんできました。



ラベンダーの花は、この濃い紫色のつぼみが開くのではなく、
濃い紫色のつぼみの中心から薄い紫色の花が飛び出すように咲きます。
イラストにすると、こんな具合です。



現在のところ、花の状態は【つぼみ】です。
まだ見ごろというには早いようです。

見ごろには早い時期も、ラベンダーの香りを楽しみたい方は
葉や茎をこすってみてください。
香りの成分は葉や茎にも含まれていますので
いい香りを楽しむことができますよ。

見ごろを迎える6月下旬からはラベンダーフェアを開催します。
くわしくはこちらをどうぞ→http://blog.ishigami-iwate.jp/?eid=585

 

2014.06.17 Tuesday

6/17のラベンダー




6月17日に撮影したラベンダーの様子です。
アップで撮るとかなり紫色が濃くラベンダーらしくなってきました。

ラベンダーの花は、この濃い紫色のつぼみが開くのではなく、
濃い紫色のつぼみの中心から薄い紫色の花が飛び出すように咲きます。
イラストにすると、こんな具合です。



現在のところ、花の状態は【つぼみ】で、園全体的は緑色です。
まだ見ごろというには早いようです。

見ごろには早い時期も、ラベンダーの香りを楽しみたい方は
葉や茎をこすってみてください。
香りの成分は葉や茎にも含まれていますので
いい香りを楽しむことができますよ。

見ごろを迎える6月下旬からはラベンダーフェアを開催します。
くわしくはこちらをどうぞ→http://blog.ishigami-iwate.jp/?eid=585

 

2014.04.26 Saturday

4月下旬の屋外展示場

いよいよゴールデンウィークのスタート。
とはいえ、今年は休日の並びがあまりよろしくないですね。

北東北の桜はちょうど今、
そしてこれからが見ごろとなるところも多いですね。

こちらは当館のシダレザクラ

開花まではまだ時間がかかりそうです。

コブシが今咲き始めています。


山野草も次々に咲きだしました。

カタクリ


シラネアオイ


イカリソウ


スミレ


オキナグサ


ツクシ

日ごとに木々の緑も、その面積を増しています。
そして春は鳥たちの恋の季節。
たくさんのさえずりが聞こえてきます。
暖かい日には、お弁当をもってピクニックはいかがですか。







 

2014.04.15 Tuesday

4月中旬の屋外展示場


4月15日の屋外展示場。
4月も半ばですが、
日陰にはまだとけずに残っている雪があります。

昨秋からの落ち葉や枯れ草で
あたりはまだ枯葉色が中心ですが
あちらこちらの小さな変化から春の訪れが感じられます。


ネコヤナギ


レンギョウ〈咲き始め)


フクジュソウ


キクザキイチゲ


ちょっとだけ顔をだしているあざやかな緑色は
シラネアオイの葉です。
この後4月下旬から5月にかけて
「山野草の女王」とも呼ばれる美しい薄紫色の花が咲きます。
(ほんとうは花ではなく、ガクなのだそうです)



冬の間、保護シートに覆われていた
《ウミシカ》の冬がこいが外されました。
「ウミウシ」と「カモシカ」が融合した作品で、
当館のために制作されたものです。
作者の眞壁廉さんが当地を訪れたとき
屋外展示場に「カモシカ」が現れたことが
制作のきっかけになったのだそうですよ。


 

2014.04.05 Saturday

4月はじめの屋外展示場



まだ雪のちらつくこともある4月。
けれど、暖かくなり土の匂いが春を感じさせます。

園路沿いのユキヤナギには小さな芽がではじめました。




こちらは落ち葉のあいだからでてきたキクザキイチゲ。
こちらでは〈あめふりばなっこ(雨降り花っこ)〉とよばれています。

雪どけのあと、屋外展示場で真っ先に咲くのが
フクジュソウやこのキクザキイチゲです。
春を告げる可憐な花は、花が終わると葉がしげり
夏ごろには葉もなくなり、秋から次の春までは地中ですごします。
ですから、半年ぶりにこの植物にお目にかかると
春だなぁ、という気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

暖かい地域では梅や桜が春らしさを運んでくるのかもしれませんが
当地ではこういった小さな山野草が春を告げるように思います。

山野草は小さいものも多く、
キクザキイチゲも地面に近いところで花を咲かせますので
よく地面をみていないと、見のがしてしまうかもしれません。

探し物をするように歩いて春を見つけてみませんか。 

17LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他