最新情報・ブログ
2013.11.04 Monday

アートウォークツアーを開催しました

11月3日は文化の日。
この日、石神の丘美術館は観覧無料でした。

そして、開催中の企画展
「石神の丘アートウォーク2013」展の
関連行事としてアートウォークツアーが行われました。

展覧会出品作家の話を聞きながら
一緒に作品を見学します。

作品のことについて・・・の前に
この展覧会で、QRコードによるガイドシステムを提供をしている
岩手県立大学の大学院生・佐藤亮さんから
システムの説明がありました。

この展覧会では、作品の近くについているQRコードを
お手持ちの携帯電話で読みこむと
アーティストの情報やメッセージを音声で聞くことができるのです。
みなさん興味津津。



出品作家のみなさんが、それぞれ自作を前にお話をしました。

黒澤笑子さん


山口清治さん


田村優一さん


妻神則夫さん


山本英治さん


南舘麻美子さん


どんな風に作品ができているの?
どんな気持ちでつくっているの?
いろいろなお話をしながらおよそ1時間30分のツアーが終了しました。
展示室内だけでなく、屋外展示場にも作品が展示されていますので
雲行きが心配でしたが、
ツアー終了ぎりぎりまで雨にあたらずにすみました。

11月4日で「石神の丘アートウォーク展」は終了します。

次の展覧会は、岩手町のみなさんが作品を発表する「岩手町芸術祭」!
11月9日からはじまります。


 

2013.11.02 Saturday

《お正月飾り》をつくってみませんか



*定員に達したため、募集を締め切らせていただきました*


石神の丘美術館では、ドライフラワー教室の参加者を募集しています。

今年度最後の教室では《お正月飾り》をつくります。
野バラの実やラタボールをつかった、とっても豪華な飾りです。
ぜひ、一緒につくってみませんか。

町内ドライフラワーサークル「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さんが、
親切・丁寧に指導してくださいますので、はじめての方もお気軽にご参加ください。


****************************************************************************

第3回 ドライフラワー教室《お正月飾り》

日 時:12月1日( 10:00〜12:00
場 所:石神の丘美術館 工房棟
参加費:1,800円(材料代)
定 員:15名(予約制/先着順)
指 導:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)

《申し込み・問い合わせ先》
石神の丘美術館/電話 0195-62-1453

2013.10.19 Saturday

オリジナルカードをつくりました


開催中の企画展
「石神の丘アートウォーク2013」関連行事として
10月19日、出品作家のひとり
妻神則夫さんと一緒に
オリジナルカードをつくりました。



紙と紙の組み合わせや配置を考えて自由にならべてみます。
ところが、この「自由」というのがなかなかムズカシイ。



手をうごかしているうちに、だんだん「自由」になって
いろいろなアイディアも浮かんできます。



身近な紙を組み合わせて
特別な一枚が完成しました。



美術館前の池には
妻神則夫さんの《水辺の色遊び》が今日から展示開始です。
水に浮かんだパネルは、
来館者が自由に動かしたり、組み合わせることができます。
水面をゆらゆらと動くうちに少しずつ形や位置も変化します。

妻神則夫さんは、ご自身の夕食のサラダの色あわせも
こだわっていらっしゃるのだそうです。
色の組み合わせ、形の配置で一枚の作品をつくるように
食事を用意するんですって。
妻神さんの作品のこだわりである
「色と形の構成」に触れたひとときでした。



 

2013.10.14 Monday

はがして版画をつくりました

開催中の企画展
「石神の丘アートウォーク2013」関連行事として
10月13日、出品作家のひとり
南舘麻美子さんに教えていただきながら、
南舘さんが作品制作に用いる版画技法
「メディウム剥がし刷り版画」を体験する
ワークショップを開催しました。

木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンなど
版画にはいろいろな種類があります。

今回体験する「メディウム剥がし刷り」は
凹版のひとつで、銅版画のようにプレス機をつかわずに
メディウムによってインクをはがしとる
近年生まれた新しい技法です。


今回は、スチレンボードとガムテープでつくった版に
ボールペンで描画し版をつくります。


できあがった版にインクをつめて、
よくふきとったあと、


メディウム(今回はボンドをつかっています)をぬります。
このあと、着色し再度メディウムをぬり、
紙を密着させます。


10数分乾燥させてから紙をはがすと・・・・
メディウムとインクが紙にくっついて版画の完成です!

緊張しながら剥がしはじめ、絵柄が見えたときの
参加者のみなさんの表情がすてきでした。





言葉にしてもうまく伝わらない版画技法ですが、
体験してみることで
作品が違ったように見えてくることもあるかもしれません。

南舘麻美子さん、参加者のみなさんありがとうございました。




10月19日(土)には、出品作家のひとり妻神則夫さんの
ワークショップを開催します。
紙の構成によるカードづくりをしてみませんか。
参加希望の方は、美術館受付(電話:0195-62-1453)へ
お申込みください。













 

2013.10.11 Friday

秋を探して《アートウォーク》してみませんか

空気が澄み、草木の色もかわってきました。

隣接する道の駅では秋の味覚も並び、
「食欲の秋」を感じさせます。

こちら美術館では11月4日(月・祝)まで
企画展「石神の丘アートウォーク いわての現代美術と出会う、秋。」
を開催しています。

この展覧会では、
美術館館内だけでなく、屋外展示場にも作品が展示されています。

屋外展示場の作品は、美術家のみなさんが
この場所のために新しいチャレンジをしたものです。
ちょっとだけご紹介します。



南舘麻実子《石神クッキー》




黒澤笑子《光の雨が降った》




山本英治《石神降臨 −石神社の再生プロジェクト−(部分)》


 

田村優一《不思議な果実 (部分)》



屋外展示場では、キノコやクリをはじめ
季節を感じる風物にも出会えます。



苔の花
(「花」と呼ばれますが、実は胞子を飛ばすための胞子のうです)



ツリバナ




オチバタケとクリ




ギンリョウソウモドキ
(葉緑素をもたない真っ白な植物です)


「芸術の秋」。
「アート」な「ウォーキング」を楽しんでみませんか。
 

2013.10.11 Friday

アートウォーク出品作家からのメッセージ


開催中の企画展
「ISHIGAMI ART WALK part4
 石神の丘アートウォーク2013
 いわての現代美術と出会う、秋。
 開館20周年特別編」
では、9名の美術家の作品を館内と屋外展示場で紹介しています。


作品を鑑賞する際、
この作品をつくったのはどんな人かな、
どんな気持ちでつくったのかな、
と思うことはありませんか?

そんなときは、お手持ちの携帯電話で
キャプション(作品題名などが掲載されたパネル)の
QRコードを読み取ってみてください。





この展覧会では、
9名の作品や、経歴、そしてメッセージが見聞きできる
QRコードが用意されています。

QRコードをお手もちの携帯電話で読みこむことで
ご利用いただけます。
(パケット定額制に登録されていない方には
 ご利用をおすすめしません)

作家のなまの声を聞きながら観賞したり、
事前に作品や作家のことを知ることもできます。
ぜひお試しください!


※このガイドシステムは岩手県立大学の協力で提供されています
 モニター調査も行っておりますので
 利用された方はアンケートにもご協力をお願いします
 アンケートは美術館受付に用意しております



 


2013.10.11 Friday

ワークショップの参加者を募集しています

開催中の企画展
「石神の丘アートウォーク2013」関連行事として
出品作家の方々と一緒に制作体験をする
2つのワークショップを開催します。

10月13日[日]13:00〜15:00

南舘麻実子さんの
「はがしてつくるメディウム刷り版画」
※定員となり申し込みを締め切りました

 


10月19日[土]13:00〜15:00

妻神則夫さんの
「オリジナルカードをつくろう」
※参加者募集中です



講座は参加無料・定員あり(申し込み制)です。
参加希望の方は石神の丘美術館(電話:0195-62-1453)へ
お申込みください。

2013.09.29 Sunday

《ボード》のアレンジメントをつくりました

9月29日(日)午後1時30分から、美術館工房棟では
毎年恒例の「ドライフラワー教室」が開催されました。

第2回目となる今回は、
ソーラローズ、ルリタマアザミなどをつかって
《ボード》のアレンジメントをつくりました。



講師を務めるのは、町内ドライフラワーサークル
「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さんです。



この教室は、冬にも開催予定です。
詳細が決まり次第、こちらのブログでもお知らせしますので、
興味のある方はぜひチェックしてくださいね。




2013.09.15 Sunday

開館20周年記念シンポジウム《これからの石神の丘美術館を考える》




1993年7月に岩手県初の野外彫刻美術館として開館した当館は、
本年開館20周年を迎えました。

この間、隣接地に道の駅が設置され、
大規模な改修を行うなどしながら現在に至っています。

美術館が二十歳を迎えた今、
これからの美術館のありかたを語り合います。



石神の丘美術館 開館20周年記念シンポジウム
《これからの石神の丘美術館を考える》


パネラー
 新田 秀樹 氏(宮城教育大学教授)
 八戸 保彦 氏(岩手町観光協会長)
 田村 えい子 氏(岩手町教育委員)
 軍司 俊道 氏(小岩井農牧株式会社)

コーディネーター
 斎藤 純 石神の丘美術館芸術監督


終了しました
日 時:2013年9月16日(月・祝) 13:00〜15:00
会 場:石神の丘美術館ホール 【聴講無料】





9月16日(月・祝) 
シンポジウムの様子

台風が近づき、雨風が強くなるなかでの開催となりました。
足元のわるい中多くの方にお集まりいただき
まことにありがとうございました。

このシンポジウムでは、
平成24年度に策定された「第2次石神の丘美術館運営計画」を
広くお知らせするとともに、
これからの美術館像についてさまざまな視点からの
お話をいただきました。



2013.08.29 Thursday

ドライフラワーの《ボード》をつくってみませんか



石神の丘美術館では、ドライフラワー教室の参加者を募集しています。

今回のテーマは《ボード》です。
ソーラローズ、ルリタマアザミなどをつかった
《ボード》のアレンジメントを一緒につくってみませんか?

町内ドライフラワーサークル「花ちゃ花ちゃ工房(かちゃかちゃ こうぼう)」の皆さんが、
親切・丁寧に指導してくださいますので、はじめての方もお気軽にご参加ください。


**************************************************************

第2回 ドライフラワー教室 《ボード》

日 時:9月29日( 13:30〜15:30
場 所:石神の丘美術館 工房棟
参加費:1,500円(材料代)
定 員:15名(予約制/先着順)
指 導:花ちゃ花ちゃ工房(町内ドライフラワーサークル)

《申し込み・問い合わせ先》
石神の丘美術館/電話 0195-62-1453


10LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他