最新情報・ブログ
2011.01.19 Wednesday

倒木調査を行っています

年末年始からの雪による倒木の調査のため、
スノーシュー(西洋かんじき)をはいて
美術館の屋外展示場を歩いてきました。



屋外展示場にでてすぐのところの彫刻も半分ほど
雪に埋もれている状態です。
園路がどこかも分からなくなっていますが、
スノーシューをはいていると、
雪のない季節には歩かない場所も
すいすいと進めてしまいます。



倒木の様子です。

重い雪が一気に降ったために、
松を中心に折れている木が多数あります。
枝が折れるだけでなく、幹の途中から折れている木も多く、
このような状況はここ数年では初めてのことです。

園路沿いに植えてあるレンギョウやユキヤナギも
雪の下に埋もれてしまっています。
折れていなければ、雪解けとともにまた伸びることとは思いますが
少し心配なところです。

折れた枝が別な木に寄りかかっている場合もあり、
これからの雪や風によってさらに倒れる可能性もありそうです。

美術館では、冬のかんじきウォーキングなども計画したいと考えておりましたが
しばらくの間、屋外展示場はご覧いただけなさそうです。




倒木調査中、面白い光景にでくわしました。
写真は、ラベンダーが植えられている斜面です。
1本の木に向かってさまざまな足跡がついています。

写真に写る足跡はどれも人間のものではない様子。
タヌキやキツネ?アナグマ?ウサギ?

あの木の下には何かおいしいものでもあるのでしょうか?
それとも動物集会が開かれているとか?

雪が降ると、普段は見えないものが見えて楽しいものです。
今年は、倒木のため難しいかもしれませんが、
いつか、スノーシューで歩きながら
石神の丘美術館に住む動物たちの足跡をたどるツアーを御一緒しませんか。



2011.01.07 Friday

あけましておめでとうございます

 

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。

こちらは、近年まれにみる大雪の年越しとなりました。
美術館の屋外展示場は今も一面真っ白です。


雪の量が多い上に、湿った重い雪だったため
屋外展示場でも倒木が多いようです。

雪かきと点検が終わるまで、屋外展示場はお休みさせていただきます。


館内では、明日8日(土)より次の展覧会がはじまります。

・岩手町 小中学校・高校 絵画コンクール作品展
・〈10年後の岩手町〉小学生のまちづくり絵画作品展
・〈ホールの小さな展覧会〉グルジアの子どもたちの絵


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2010.10.01 Friday

沼宮内高校の生徒さんが見学しました

沼宮内高校 

開催中の展覧会

ISHIGAMI ART WALK part3
石神の丘アートウォーク2010
いわての現代美術と出会う、秋。

を近くの岩手県立沼宮内高等学校の生徒さんが
見学しにきました。

選択授業で美術を選択している学生さんだそうです。
10代の目に、作品はどのように映ったのでしょうか。


2010.09.22 Wednesday

24日のめんこいテレビをご覧ください

開催中の企画展

ISHIGAMI ART WALK part3
石神の丘アートウォーク2010
いわての現代美術と出会う、秋。

の様子が

9月24日(金)
めんこいテレビ 
mitスーパーニュース(17:54 - 18:55)

18:30頃からのコーナー
「街ダネ!ウィークエンド」

で放送される予定です。

ぜひ、ご覧ください。

2010.09.13 Monday

実習生日記2

 こんにちは。
実習生の四日市です。
屋外展示場を紹介した,飽き続き、△任魯曄璽襪療玄┐砲弔い鴇匆陲靴泙后

まず館内に入って目を引くのは岡田卓也さんの「積層 Red&GreenAqua」。

R/G

液体プラスチックを何層にも重ねて作られたこの作品。
見る角度を一歩変えるだけでその表情はガラリと変わります。
ホールに進んだところにも、「積層」は何点か存在します。こちらの色彩は、是非とも本物で
お確かめ下さい。


 岡田さんの作品を見ていると、何やらノイズと話し声が耳に入ります。
途切れ途切れに聞こえてくるそれは、入口とホールを仕切る壁にかけられた伊藤寛泰さんの作品
「ochanoma.TV01」からのもの。

TV01

この作品、中に本物のテレビが仕込まれていて、常にあっちこっちのチャンネルに
切り替わったり無音になったりするよう設定されています。
そして写真に描かれているのは伊藤さんが住んでいた部屋の昔の姿らしいです。
今回の作品群のなかでも、ひときわ目立つ雰囲気をかもし出しています。


 ホールに足を運ぶと、天井から巨大な布が二枚。
実はこれ、麻紙(まし)と呼ばれる特殊な紙を材料とした作品。
しもかわらさとこさんの「にち(2)」と「にち(3)」です。

にち

この作品、近づいてよく見ると小さな穴が無数に開いています。
これは、ひとつひとつ線香で焦がして開けたものだそうです。しもかわらさんの
作品にかける妥協のなさと集中力が作品越しに伝わってきます。

2010.09.13 Monday

実習生日記1

  こんにちは。
今月9日から博物館学芸員実習生としてお世話になっている、盛岡大学4年の四日市芽吹(よっかいち めぶき)と申します。

 今日の岩手町は朝から生憎の曇り空。霧雨もシトシトと降っていて、あまり外に出かけたくなる雰囲気
ではありませんね。
しかし、こういう天気の日の空気が似合う作品もあります。一緒に見に行ってみませんか・・・?

林道


 現在、石神の丘美術館と町内の大町商店街で開催されている「石神の丘アートウォーク2010」に
石川深雪さんが出展されている「トロンコの家」もその一つ。

上から

 屋外展示場・岩手山展望台側からナラの森に入ったあたりに展示されているこちらの作品。
森が作り出す深い緑と土の匂いと、水分を多く含んだ空気に包まれて見ていると
森の息遣いが聴こえてくるような、不思議な感覚に引き込まれていきます。

下から


 逆に、突き抜けるような秋晴れの日に見ごたえがあるのは、久保友基さんの作品、「空に花」です。

空に花

木版画で鮮やかに彩られた和紙が、石神の丘を吹き渡る風に踊る姿は青空を背景にしたときの
爽やかさが格別です。

 その日によって様々な顔を見せる石神の丘美術館屋外展示場。
他の作品たちを紹介したいところですが、続きは是非とも御来館の上、実際にご覧になって
10月24日まで開催の「石神の丘アートウォーク2010」をお楽しみください。

2010.09.05 Sunday

アートウォーク展はじまりました

 アートウォーク開場式


9月4日(土)より

【企画展】
ISHIGAMI ART WALK part3
石神の丘アートウォーク2010
いわての現代美術と出会う、秋。

が始まりました。

この展覧会は2006年から隔年開催しているもので、
岩手ゆかりの若手作家6名に参加いただき、
館内の展示室のほか、
当館の特徴ともなっている屋外の展示場で作品を発表いただいています。

また、2008年の第2回展からは、
沼宮内大町周辺にも会場をお借りし、マチナカ展示も行っています。

今回の第3回展には、

石川深雪
伊藤寛泰
岡田卓也
久保友基
しもかわらさとこ
渡邊淳

6名の方に参加いただいています。


初日の4日には、
「アートウォークツアー」を行い、
6名の作家からそれぞれお話を伺いながら、
企画展示室・屋外展示場を散策し、作品を観賞しました。

この展覧会は10月24日(日)まで開催しています。
会期中には、さまざまなイベントも行われます。
ぜひ、石神の丘でアートな秋をお過ごしください。

2010.08.30 Monday

作家が作品制作中です

 okada

9月4日(土)から、石神の丘美術館では、

ISHIGAMI ART WALK part3
石神の丘アートウォーク2010
いわての現代美術と出会う、秋。

がはじまります。


この展覧会は、2006年より隔年開催している展覧会で、
岩手ゆかりの20代から40代の美術家6名に
美術館の企画展示室、屋外展示場で作品発表いただくものです。
2008年からは、沼宮内大町周辺にも会場をお借りし、
マチナカ展示にも取り組んでいます。


今回ご参加いただくのは、次の6名です。

石川 深雪 (盛岡市生まれ、秋田県湯沢市在住)
伊藤 寛泰 (一関市生まれ、盛岡市在住)
岡田 卓也 (愛媛県宇和島市生まれ、岩手町在住)
久保 友基 (一戸町生まれ、岩手町在住)
しもかわらさとこ (盛岡市生まれ、盛岡市在住)
渡邊 淳 (陸前高田市生まれ、東京都在住)


只今、作品制作の真っ最中。
まさに、今、作品ができあがる様子をご覧いただけます。

写真は、出品作家の1人、岡田卓也さんの制作風景。
美術館の建物前で竹をつかい巨大な作品を制作中です。




2010.08.17 Tuesday

「道の駅賞」が決定しました!

 企画展「東北の道を行く 須藤英一写真展」に関連して開催した
「北東北・あなたの好きな道路(みち)写真コンテスト」

受賞作品は美術館ホールに展示をし、
多くのお客様にご覧いただいております。

また、惜しくも受賞をのがした作品の中から35点が選抜され、
道の駅石神の丘 道路情報休憩施設 多目的室にて展示をしています。
選抜展示作品については、期間中、来場者に投票いただき、
票の多かった上位3名の方には「道の駅賞」として
特産品詰合せを差し上げることとしておりました。


8月15日(日)にて投票を締め切らせていただき、
集計の結果、「道の駅賞」受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。


《道の駅賞》
秋の風物詩
小山 真利子 『秋の風物詩』


曲り径もまた楽し
斎藤 昇 『曲り径もまた楽し』


雨の送りもの
佐々木 八重子 『雨の送りもの』



投票総数296票。
お盆の期間もあり、たくさんの方々にご投票いただきました。
ほんとうにありがとうございました。
また、受賞された3名の方々、おめでとうございます。
「道の駅賞」として特産品詰合せを差し上げたいと思いますので、
どうぞお楽しみに!





2010.07.07 Wednesday

本日の「おばんですいわて」

本日、7月7日(水)18:10から放送の
NHK総合テレビ 
「おばんですいわて」(盛岡放送局)において

石神の丘美術館・屋外展示場のラベンダー園が
紹介される予定です。

ぜひ、ご覧ください。


10LASTPAGES

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

新着ブログ

カテゴリー

過去の記事

携帯サイトmobile

qrcode

ブログ内検索

その他